大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
街でよく見かける光景
デスクトップPCを持ち運ぶ若者。

新しいパソコンを購入して持って帰る途中なのかと思いきや、よく見るとPCは新
しくない。
じゃあ中古を買ったのかと思えば、違う。
正解は、故障したPCを電子城に持って行く途中、あるいはその帰りである。

出張修理も可能だが、出張費などが余計にかかる。
だから自分で電子城まで持って行く、というわけだ。

先日、ディスプレイを買いに電子城のとある店へ行った時も、店にデスクトップ
PCを持ち込み、なにやら設定していた。
Microsoftのおかげで、皆Windowsを使っているから、何か問題があってもたいて
いのことは自分でなんとかなる。中国人の友人知人からは、 PC修理を商売にし
たら?と勧められるが、修理費の相場を知ってるだけに食指が働かない。PCの知
識は仕事にしようとすると何かと面倒だ。

本日、市内へ行く途中、トステム駅のホームでデスクトップPCを運んでいる若者
に出会った。
学生らしい。そういえば周りは学生だらけである。
春節前ということで、学生も里帰りする。学校の寮にパソコンを置いておくと危
ないので持ち帰るのかも知れない。いや単純に里帰りしてもゲームして遊ぶため
に持ち帰るのかも・・・。

中国ではなかなかゲーム専用機が普及しない。
PCの方がタダでいろいろなゲームを遊べるからだ。画面もキレイだし。
妻からトランプのゲームをインストールしてと頼まれているのだが、日本語
Windowsでは文字化けしまくりなので、まだインストールしていない。
中文環境のPCを一台作らないといけないだろう。
面倒だなぁ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。