大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイコン捜索
林檎使いの方ならおわかりだと思うが、Mac OS-Xに実装されている「Dock」みた
いなものを使っている。StarDockというプログラムだ。

マウスカーソルをタスクバー付近まで下げると、アプリケーションのメニューア
イコンがぶわっと持ち上がってくる、慣れると非常に便利なプログラムだ。
よく使うアプリケーションのショートカットをメニューに登録しておくと、ス
タートボタンを押して、「えーと、Photoshopはどこだっけ?」なんてことはし
なくて済む。
以前なら、デスクトップ上にショートカットを置いていたのだが、ショートカッ
トが増えすぎると結局目的のショートカットを捜索するハメになるので意味がない。
やはりMacには使い勝手をよく考慮したGUIツールが多い。

さて、DockもどきのStarDockだが、ショートカットを登録すると、最近のXPや
Vistaを考慮したアプリケーションならば高解像度のアイコン (256x256ドット)
が自動的に選択されメニューに登録される。だが古いアプリケーションなど高解
像度のアイコンが無いアプリケーションでは Windowsの標準的なアイコンサイズ
(48x48,32x32,24x24,16x16)がメニューに登録され、なにやらぼやけた
絵が表示される。これはStarDockでは表示されるアイコンは128x128あるいは
256x256で最適化されているためだ。
毎回メニューからアプリケーションを起動するので、ギザギザの目立つアイコン
ではなさけない感じがする。そこでアイコンを見つけよう!と決心した。

Google画像検索で「Icon」「アプリケーション名」にて検索すれば、結構出てくる。
Chrome、PhotoshopやIllustratorの高解像度アイコンも見つかった。
どうしても見つからないものはPhotoshopで自作した。高解像度であるが故に、
3Dっぽくデザインするのがポイント。ベースとなるイラストはフリー素材を利
用。そこへヘルベチカ系のしっかりした太文字を載せてエンボス陰付き加工をし
て完成。

そこまでこだわらないし・・・という方には無意味な記事だが、ちょっとしたと
ころにこだわる方ならわかってくれるよね?的な記事。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。