大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Winamp旧バージョンと日本語化
以前にも書いたが、最新のWinampが重たすぎるので旧バージョンを使っている。

OldVersion.com
http://www.oldversion.com/program.php?n=winamp

ここのVersion 2.24を使っている。
巨大化する前のWinampで動作も軽快。最近のPluginも動作する。
だが、テレサ・テンのMP3を再生しているとき日本語表示が文字化けする。
最新のWinampではマルチ言語対応なのでこういうことは起こらない。
旧バージョンでは言語パックを導入することで、日本語に対応する。

さて、その言語パックだが、いざネットで探してみると意外と見つからない。
いや、一応それらしきページはあるのだが、肝心の言語パックファイルがリンク
切れを起こしている。
古いバージョンのソフトはあきらめろ、ということなのだろうか・・・。

そうなると意地でも探し出したくなるものだ。
そして見つけた。

Win32工作部屋
http://win32lab.com/fsw/wpjkit/download.html

あらゆるバージョンのWinamp対応日本語化ファイルが揃っている。
たいしたものだ。

MP3を聴くのには、ちょっとこだわりがある。
日本にいた頃は、アンプやスピーカーにこだわった。
中国へはさすがにアンプやスピーカーを持ってこられなかったから、別の方面か
らこだわっている。
その一つがアルバム毎に違う音量を自動的に調節すること。

以前はサウンド編集ソフトを使って、アルバム毎に音量を再調整してMP3を保存
し直していた。
時間に余裕があった頃はそれも趣味の一つとして良かったのだが、最近は忙しい
のでそんな悠長なことはしていられない。そこでWinamp用の自動音量調整ソフト
を探してきた。

Stereo Tool
http://www.winamp.com/plugins/details/221526

なんとも平凡な名前のWinamp用のPluginである。
だが、機能はとんでもなくプロ仕様だ。
単純に音量を上げ下げするのではなく、音域毎にコンプレッサーで音圧を調節す
る本格的なもの。
Sonyのウォークマンに搭載されている音圧調整エフェクトと同様な原理である。
音楽を快適に聴くための仕掛けなのだが、時代はどんどん進化しているのだな、
と感心しないではいられない。

そんなわけで、気持ちよくBGMを聴きながら仕事をしたりネットサーフィンでき
るようになった次第である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。