大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒い!いや、暑い!
今日の最低気温は-4度。
いよいよ大連の冬が来た、という感じだ。

外を出歩くにはそれなりの装備が必要。
下着類は裏起毛。股引もはいて、首まであるセーターを着用。
その上にやはり裏起毛のジャンパーを着る。
本当は更にフードや毛糸の帽子を着用すべきなのだが、省略した。
だから冷たいビル風で耳がちぎれそうなぐらい痛い。

夕方、帰宅して明日の旅へ備えて荷物の準備をする。
15日から暖気が入ったので、部屋の中は暖かい。
シャツとパンツだけの夏の格好になる。
だが、それでも汗をかく。
あまりにも部屋の中が暑いので、窓を開ける。
とたんに零下の冷気が吹き込んできて冷える。

どうも調節が難しいな・・・

窓の開け具合を調整する。
ま、こんなもんだろ・・・

暑い分には窓を開けたりして調節できるので、まだ良い。
団地の他の部屋では、暖気が入ってもあまり暖かくないところがあるという。
暖かくないところを暖かくするのは容易ではない。気の毒である。

息子が裸足で走り回っている。
大連の冬はまだ始まったばかりだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。