大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事で利用しているソフト3
【シマンテック Ghost】
ハードディスクのデータをバックアップするソフト。

ご承知のように、先日ハードディスクが故障して交換したものの、アプリケーシ
ョンやデータのお引っ越しにとんでもなく時間がかかったので、もうちょっとな
んとかしたいと思い導入。

このアプリケーションは普通にインストールしてもあまり意味がない。
Windowsの性質上、稼働中のシステムファイルはバックアップができないし、何
よりもWindowsが立ち上がらないような状況になったら、インストールしたプロ
グラムが動くハズがないわけで・・・。
そこで、GhostのCD-ROMはそれだけでブート(起動)可能なCDになっている。
使う時は必ずCDから起動するのが正しい使い方。

CDから起動したら、ハードディスクのCドライブをまるごと別のハードディスク
にコピーする。ただし、Cドライブをまるごと保存できる容量の外付けハードデ
ィスクが手元に無いので、パーテーションを切った(内蔵のハードディスクを領
域分割した)別のEドライブへ保存している。
万が一CドライブがウイルスやスパイウェアにやられてWindowsが起動しなくなっ
た場合、Eドライブのファイルから復活させる、という仕掛けである。

過去の経験からハードディスク全体が動かなくなるような状況というのは、寿命
や物理的な衝撃を与えたときぐらいなので、通常はこの方法(同じハードディス
クの別パーテーションへデータをバックアップすること)でも充分役に立つだろ
う。
お小遣いが貯まったら、外付けのハードディスクを買い足せばいい。

ただ、毎回CD-ROMから起動するのは面倒で、なおかつCD-ROMドライブがいつ故障
してもおかしくない状態なので(読み取りエラーが多い)、本日、USBメモリに
MS-DOSとGhostのプログラムをインストールし、USBメモリからGhostを起動でき
るようにした。私の青春時代はMS-DOS全盛であった。config.sysやautoexec.bat
を書き換えたりするのはお手のモノである。

一応、毎週金曜日の夜を「バックアップの日」としている
転ばぬ先の杖。吐いた胃液は戻らない(by鶴太郎)。
備えあれば憂いなし。馬の耳に念仏。豚に真珠。猫に小判。(いや、それ違う
し・・・)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。