大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お義父さん、一足先に帰る
仕事の関係でお義父さんが本日帰りました。

金州駅夜8時ぐらいの列車。
金州駅は現在改装中で、入り口がとんでもないところにあります。
以前の駅舎はもう取り壊されていて、そこから大連市内寄りに500mぐらい行っ
たところ、ここへ行くには、かなり道を迂回しなきゃならんのですが、まぁ、と
にかく遠い。

入場券を買いに行ったら、一人分しか売ってくれなかった。
見送りは一枚の乗車券につき一人までだそうで・・・
当然、妻に見送らせ、私は改札口でお別れしました。

駅舎を出てから、急に便意をもよおし(最近、お腹の調子が悪い)、トイレを探
してさまよいます。
絶対、旅行者用のトイレがあるはず・・・、有料で0.5元取られても仕方ないと
覚悟し、探したところ、離れの駅舎に厠を発見。
中に入ると、気持ちばかりの低い仕切りと、溝タイプのトイレがありました。
この溝タイプのトイレを許容できるかどうかが、中国生活になじめるかどうかの
バロメータになると思います。
私に言わせれば、中国へ来て洋式和式の水洗トイレだけの生活では、本当の中国
を知ったことにはならないわけで、地方の農村のトイレを極めてこそ真の中国
通・・・、ん?別に中国通にならなくてもいい?
私は汲み取り式トイレで育ったので、こういうのに抵抗無いだけかも・・・。

金州駅の臨時出口は、以前の駅舎の近く。現在の臨時入り口からは左へ500mぐ
らい行ったところ。
仕方がないので、てくてくと歩いて臨時出口まで行きました。
到着した頃に、ちょうど列車がやってきた様子。
しばらく待っていると妻が出てきました。
無事お義父さんは出発したようです。

お義父さん、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
池袋の私書箱の紹介です
2008/11/12(水) 16:05:03 | 激安!池袋の私書箱新規オープンです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。