大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さすがにキレた
先ほどのブログ文章最初の二行を打っていた時の話。

おしっこさせるから、ちょっと手伝って。

と妻が言ったので、オシッコの瓶(ペットボトル)をつかんだその瞬間、息子が
オシッコしていた。
それも机の上に。
机の上にはノートパソコンと外付けのハードディスクがある。
オシッコはパソコンやハードディスクにはかからなかったが、私は顔面蒼白に
なった。
先日、Thinkpadが一台お亡くなりになったばかりなのだ。
もう一台壊れたらシャレにならない。仕事ができなくなる。
いや、パソコンが壊れても、また買えばいい。問題は中のデータなのだ。

大事な仕事のデータである。
既に終わったものはDVD-Rなどに保存しているが、仕掛け中のものはオリジナル
データ以外はバックアップを取っていない。最終仕様が確定していないため、
データは常に変動するから、いちいちバックアップを取っていられない。ちょっ
と修正があるたびにバックアップをとっていたら、ハードディスクはすぐ満杯に
なるし、DVD-Rだって何枚も必要だ。まして、DVDを焼いているときは他の作業が
できない。だから、マメにバックアップを取るということは非現実的なのだ。

私の準備ができていないのに、オシッコのポーズをさせた妻が悪いと私は怒った。
また、本来オシッコは仕事部屋でさせるべきではない、とも言った。
何のための2室1庁なのだ?
大きい声を出したので子供も泣き出す。

ちなみに本日は9時半に消灯させられた。お義父さん、お義母さんが一部屋使っ
ているので、仕事部屋で妻と息子三人で寝ることになる。
9時半などに寝られるわけがないだろう!
昼間は子供の邪魔が入って仕事に集中できないから、夜子供が寝てから、いろい
ろやりたいのに、それすらできない。
9時から5時で終わる仕事ではないのだ。
いろいろ考え試してみて、実際の仕事にそれを生かす。
40歳を過ぎて、お客様の要求や新しい技術について行くためには、日頃の情報収
集や勉強が欠かせない。海外にいるから、各種参考書の入手もできないし、教え
てくれる人も側にいない。ネットで情報収集をして勉強するしかないのである。
夜のひとときは、次の仕事や仕掛かり中の仕事をこなすための技術を身につける
ための大事な時間なのだ。

私の居場所は完全に無くなった。
何のために今の場所へ引っ越したのか分からなくなった。
一つ教訓として分かったことは、次に新居を買う際は、三室一庁でなければなら
ないということだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。