大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧米人と食事
印刷工場の見学の後で、工場の老板から食事のお誘いがあった。

着いた先は、天井の低い、いわゆる田舎料理の店。昼時とあって満員。
前の客が食べ終わるまで、外で待つこと10分ぐらい。
やっと部屋が空いて、皆で席に座る。
一人の金髪の外人が同席。その工場は新しい印刷機を導入したのだが、その印刷
機のメーカーから三名の技術者が派遣されてきたらしい。

印刷機というのは、大型で極めて精密な機械である。
いわゆる定番はドイツ製。確実に「億」は超える代物。何十年もかけて減価償却
するのだそうだ。
それだけに本国の本社から技術者が派遣されて来たのだろう。

中学校で習った英語を思い出しながら、あいさつ。
オランダから来たらしい。
「あなたも仕事で?」と訊かれ、思わず「対!」と応えてから「あ、違う。
Yes!」と言い直す。
結局は側にいた通訳の人に中国語で話しかけ、通訳してもらった。
中学・高校・大学と都合8年も英語を勉強してきても、基本的な会話すらできない。
日本の英語教育は本当に実績的じゃないよね・・・と打ちのめされる。

タダ飯を食わしてもらいながら文句を言えた義理ではないが、田舎海鮮料理、そ
れも個性的なやつ中心、欧米人にとっては嫌がらせ以外の何物でもないライン
ナップ・・・。
タコとか海腸とか貝の刺身、牡蠣フライ・・・。
オランダ人の技術者は上手に箸を使って食べていた。
昼間だからビールは無し。ジャスミン茶で乾杯。
仕事とは言え、こんな中国の片田舎で納品した機械の調整をしているなんて、そ
のオランダ人も大変だなぁ・・と思った次第である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。