大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ママとパパがやってきます
妻のママとパパがやってきます

もちろん孫に会いに・・・

明後日の朝には4時起きして金州の駅まで迎えにいかなくてはなりません。
お義父さんは一週間ぐらい滞在予定。
お義母さんは冬の間滞在予定。
妻はお義母さんに子供を預けて仕事する、といきまいておりますが、私としては
ダメ出ししています。
同じマンションの知り合いの夫婦が共働きで、お義母さんに孫の面倒を押しつけ
て、お義母さん体の調子悪くしたのを見ていたので、そういうのは良くないよ、と。

共働きをすれば、早く自分たちの家が買える、というのが妻の主張ですが、共働
きの結果、誰か(この場合はお義母さん)が犠牲になったり、子供が寂しい思いを
したり、私たち夫婦の仲がぎくしゃくしたのでは、家を買ったとしても意味がない。
これは私が何度も妻に言い聞かせていること。

卑怯かも知れませんが、こう言ったこともあります。
働きに行ってもかまわないが、それなら私が主夫となって子供の面倒をみる。
私の代わりに同じぐらい稼いでくれるか?

私は現地採用なので、日本の感覚からすれば少ない給料です。ですが、中国の感
覚からすれば、一般的な中国人以上の給料を貰っています。
ウチは中国式の生活様式ですから、妻が働きに出なくとも充分に生活していける
はずです。
妻が働きたいという理由は、おそらく子育てから解放されたいということなので
しょう。
本人の意志は固いようなので、もう私は諦めています。
お義母さんには申し訳ないが、しばらく息子の面倒を見ていただき、妻の好きな
ようにやらせるつもりです。

私も正直なところ最近仕事が忙しく家族サービスができていません。
でも仕事をしなければ家族が路頭に迷います。だからがんばるしかありません。
いつも疲れた顔で帰宅し、夜遅くまで部屋で仕事をしている私を見て、妻も危機
感を感じたのだろうと思います。

おそらく今月から私の仕事のスタイルが変わります。
これからは家でなく会社で仕事を片付けるようにします。そうすると夜、自宅で
食事は取れません。
帰りも遅くなります。
仕事でもプライベートでも今以上にきつくなりますが、そうせざるを得ない状況
なので、やるしかありません。だからこのタイミングでお義母さんが来るという
のは、私にとってはありがたいことです。
まぁ、私も妻もやれるところまでやってみようと思います。
結果ダメなら、またやり直せばいいし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。