大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろと壊れてます
外付けのハードディスクが壊れました。

日本から持ってきたやつです。
とりあえず読み込みはできますが、書き込んだファイルにエラー続出状態。たぶ
んどこかのセクタが死んでます。5年以上使っていたので寿命ですね。
来週あたり新しいのを買おうと思います。

Thinkpad2号機のUSBも調子悪いです。
USB2.0が認識されないことが多く、めっちゃ遅いUSB1.1になってしまいます。
同じ時期に持ち込んだPCですし、以前、会社の事務所で酷使しましたから、こち
らも風前の灯火なのかも知れません。
マジにデスクトップPC買わないといけないですね。
妻には言ってるんですが、深刻な状況だというのはちゃんと理解できてるのだろ
うか?

そりゃ、半分は仕事で使ってますから、基本的には会社でPCを用意してもらうの
が筋です。
いつでも買える状態なのですが、買ってもセットアップに時間がかかる。
現在、12ページのパンフレットのデザインの仕事を一つ抱えていて、これが終わ
るまでは無理。
で、終わる前に次の仕事が入って、いつまで経っても会社用のPCを買ってセット
アップすることができない。この半年間、ずっとこのパターンが続いています。

以前、お世話になった上司が言っていたことですが、パソコンというものはお金
を稼いでくれない。異論はあるでしょうが、道具として便利ではあっても、パソ
コン自体がお金を稼いでくれるわけではありません。結局はそれを利用して、な
んらかの商品なりサービスなりを作って、お客様に提供して初めて対価を受け取
ることができる。パソコンを利用する「人」が積極的に関わって初めてお金にな
るわけです。
ただ、これはパソコンを主観的にとらえた場合。

私から見れば、パソコンは無くてはならない道具。
いや、パソコンだけあってもダメで、ソフトや素材データなど環境が整って初め
て「道具」としての価値がある。道具は手入れが欠かせないわけで、パソコンを
常にベストなコンディションで使えるよう維持していくのは簡単ではありません。
だから、いろいろと壊れてくると、困ってくるわけです。
ノートPCはとにかく部品が高いので、修理の楽なデスクトップPCが欲しい。
それにつけても金の欲しさよ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。