大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散々な一日
朝、例によって断水。

トイレが使えないので、いつも中国語を習っている開発区の学校へ行く。
すっきりしたところで仕事を開始。

一仕事終えたところで帰宅。チラシのデザインデータをCD-Rに焼き付ける。
お客様にCD-Rを渡して、別のお客様の会社へ向かう。
打ち合わせが終わった後、急な腹痛に襲われる。
トイレを借りて用を足す。
何か変なものでも食べたか・・・?

帰路を急ぎ、バスに乗る。
運転が荒い。また腹痛に襲われる。
ヤバイ・・・、トイレに行きたくなった。

バスは十里崗に到着。
だが、この辺りにはトイレは無い。
有るとすれば、料理屋ぐらいか。トイレだけ借りるのもなぁ・・・
超市がある・・・
ここでトイレを貸してもらおうか・・・

しばらくじっとしていたら、腹痛が治まった。
今のウチだ。タクシーに乗って家へ帰ろう。
だが、タクシーは捕まらない。

仕方ない。オートバイに乗ろう。
すぐそばに居たおにーちゃんに訊く。桃園までいくら?
3元だそうだ。同意。
後ろに乗ると、おにーちゃんは勢いよくペダルをキック。

だが、エンジンはかからない。
何度キックしてもかからない。
あ、またお腹痛くなってきた・・・

おにーちゃんは諦めて隣のバイクを紹介してくれた。

バイクにまたがり、すぐ出発。

風が冷たい。お腹も冷えてきた。

十里崗から桃園は近い。すぐ到着。
だが、桃園で私を待ち受けていたのは・・・

停電だった・・・

桃園地域全体が真っ暗である。
すぐにでもトイレへ駆け込みたい私にとっては最大の試練だった・・・

マンションの中へ入る。
当然エレベータは停まっている。
階段を上がる。
ひたすら上がる。
9階まで来た。
あと5階だ。
や、やばい。漏れそう・・・

最後の力を振り絞って、一気に階段を駆け上がる。
自宅ドアの前に到着。
非常灯は点いていない。
真っ暗な中で鍵穴を探す。
括約筋はもう限界である。
ヤバイ!マジでヤバイ!

ドアが開く。
鞄を放りだし、ジャンバーを脱ぎ捨て、トイレに駆け込む。
真っ暗で何も見えない中、上がったままの便座を下ろすのに苦労する。
括約筋は痙攣状態である。一刻の猶予もない。
ズボンのベルトが外れない!
ヤダッ!
ここまで来て負けてしまうのかっ!

私は無事、プライドを守り通すことができた。
時計を見ると夕方の5時半だった・・・

6時半に停電が解除。
妻が子供を連れて帰宅。近所の友達の家に居たらしい。
断水は7時に解除された。
夕食の水餃子を食べた後、妻がシャワーを浴びている。
その間は私は子供と遊ぶ。

一仕事を終え、私もシャワーを浴びようとしたら、また断水。
まったくなんて一日だ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。