大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オンライン地図サービスから巨大地図を作成する
まぁ、タイトルどおりです。


仕事で地図の上に文字とか載せて、プレゼンテーション用の資料を作ることに
なったのですが、地図をどうやって入手するか、という問題。
市町村の役所ホームページで無料で巨大地図とかを掲載してくれているところは
ありがたいのですが、なかなかそういう便利なケースは無いわけでし て・・・。


Map Grabber
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/biz_tool/2009/04/22/23222.html


Googleマップを自動スクロールして巨大地図を作成できる、というプログラム。
時間はかかりますが結構巨大な地図を抜き取れます。
問題点は、ウチみたいに遅い回線だと、地図のロードが間に合わなくて、歯抜け
キャプチャになること。
後で修正するの大変なんだよね・・・。


オススメはコレ。
Online Screen
http://d.hatena.ne.jp/rascal2001/20100310/1268202870


仮想の巨大ディスプレイというか巨大な仮想画面を持つ特殊なブラウザ。
5000pixel × 5000pixel なんて巨大な画面でキャプチャできる。
ちなみに上の数字はJPG形式で保存できる最大のピクセル数。
これぐらいの巨大サイズになると、住宅地図レベルの細かさでキャプチャして
も、普通の市町村であれば4回ぐらいキャプチャすれば全て収まる。
で、Photoshopでも5000×5000が限界なので、Illustratorでこの巨大画像を繋ぎ
合わせて大きな地図を完成させる。
PDF化したら200MBもあるよ・・・。
スッゲェ表示の細かい巨大地図ができた。
でも、ファイルを読み込んで表示するのに、とてつもなく時間かかる・・・。
こりゃ実用的じゃないや・・・。


結局一回のスキャンで読み取れる解像度で抑えることにした。
3750 × 5000 ぐらい。
A4縦の大きさ。
あんまし表示細かくないけど仕方ないね。


なんかテクノロジーの限界を垣間見た日だった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。