大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タッチしないという選択
中古の携帯電話を注文した。


スマホではないスタンダードな折りたたみ式の携帯電話。
以前購入した携帯電話を、妻が友達にあげてしまったため、現在私の携帯は一台
しかない状態。
自分は二台持ってるのにねぇ。
で、とりあえず通話とショートメールができればいいや、ということで、100元
の携帯を淘宝
で見つけた。たぶん来週には届くんじゃないかな。


次はアンドロイド携帯だ!なんてブログに書いていたけど、実際冷静に考えてみ
ると、通話と
ショートメールしか使わないんだよね。
あと、片手で操作できないと不便。
画面タッチ式はどうもデリケートすぎる。誤動作多いし。
タッチ式って思ったほどメールの入力早くないし。
スマホだといろいろアプリが使えるけど、正直なところ、携帯の小さい画面を見
るのつらいし、
別にいろいろできなくてもいいよ、という感じ。老いたということなんでしょう
ね。やっぱり。


ここへ来て原点回帰というか、古いガジェットを見直して使ってみています。
ウォークマンや携帯電話。
今やタッチパネル全盛時代。
タッチパネルはカッコイイんだけど、実用的にはどうなの?というのが正直な感想。
「ハードウェアキーの確実さ」というのは結構馬鹿に出来ない。
時代に逆行するつもりも無いのだけれど、「しっかりと使いやすもの」を見極め
る、そういう
ガジェットの楽しみ方を実践したいし、また提案したいとも思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。