大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーム禁止令
ウチにはプレステとか無いので、中国的にはPCでゲームを遊ぶ。


息子は私が帰宅するとPCでゲームをしていいか尋ねる。
ルーチンワークがあるのだが、それは息子が9時に寝てからやる。
なので「いいよ」と遊ばせてきた。


今日、妻が、「以後はゲーム禁止。完全に禁止。PCからゲーム削除したから」


は?
仕事のファイルまで消したんじゃないだろうな?
PCを確認してみる。
あぁ、大丈夫だった。
妻は管理者権限ないので、アプリとかは完全には削除できない。
ショートカットをゴミ箱に放り込んで、削除したと言ってるだけだった。


私はゲーム完全禁止には同意しなかった。
口喧嘩になるほどに。
勉強だけの遊ぶことの楽しさも知らずに過ごす子供時代なんて有り得ない。
将来、ろくな大人に成長できないのは目に見えている。


だから条件を出した。
勉強の目標を設定して、それを達成したら時間を決めてゲームで遊ぶ。
いわゆる報償制度だ。
何かのご褒美のために努力する。とても分かりやすい。


だいたい遊んでいるゲームにしても、それを開発するためにはいろいろな知識が
必要なのだ。
息子はカーレースのゲームが好きなのだが、ゲームは物理法則のオンパレードだ。
ゲームとしてのリアリティを出そうと思ったら、重力とか加速度とかを理解して
おく必要がある。
ただし、現実の物理法則をそのままゲームに当てはめたのでは面白くないので、
多少のアレンジ
「演出」が必要になってくる。
そういう大人のスパイスなども商業ビジネスで成功するためには非常に重要な要
素なので、ゲーム
と言えども決してバカに出来ない。


でも、ただ遊んでいるだけではダメだ。
オレもこういうゲーム作ってみたい!
と思ったら、シメタものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。