大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ニュース記事】「Kindle Fire」、1台あたり50ドルの損失--アナリスト分析
「Kindle Fire」、1台あたり50ドルの損失--アナリスト分析
http://japan.cnet.com/news/service/35008344/


新しく発表されたアマゾンのタブレットPC「Kindle Fire」ですが、199ドルとい
う販売価格に対して、アナリストは、原価は250ドルのはず、という分析をして
います。
そのアナリストに言ってやりたい。


「一度中国来てみたら」


淘宝ではA8積んだ800x480ドット7インチディスプレイのアンドロイドタブレッ
トが400元で売られています。
A9になっても700元です。ハードウェアとしてのKindle FireはA9搭載の横長7イ
ンチアンドロイドタブレットですから、中国では700~800元ぐらいですよ。ハー
ドウェア的に同程度のモノでも100ドル ぐらいで市販されているのが中国なんで
す。アマゾン独自のクラウドとか豊富なコンテンツとか、そういうものは端末の
コストに乗せるべきではない し、仮に乗せたとしてもそれほど大きなコストで
もないです。


だから、どこをどう計算したら1台あたり250ドルなんてコスト試算になるの
か?ってことです。
アマゾンだって、端末一台売る毎に赤字になるようなモノ作りませんよ。
今なら1000ドル以上お買い上げの方にKindle Fireを無料プレゼントしたってい
いぐらいだ。
つまり原価は100ドルぐらいでしょう。
この間タブレットPC分解してみたんですけどね、部品点数少ないですよ。可動部
分が少ないから徹底的にコストを抑えられる。PCとして見たときも 決して高性
能ではないし。
iPadなんか、原価は相当安いハズ。アップルは相当儲けてると思います。
部品点数の少ない低スペックのPCが全世界で飛ぶように売れているのですから、
アップルはすごいですよ。商売の天才だ。他のタブレットPCのメー カーもリ
バースエンジニアリング(iPadの分解調査)でわかったと思います。タブレット
PCは儲かる、と。


アマゾンがすごいのは7インチ800x480ドットの低スペックなタブレットPCのに
特化したクラウドサービスやコンテンツを大量に用意してきた ことなんです。
例えば、普通のホームページを7インチアンドロイド端末でサーフィンしていた
のでは、はっきり言って重たいのです。結構表示に待たされます。で も、アマ
ゾンはクラウンド側でKindle Fire用にホームページの情報を最適化してから送
信してくれます。だから表示が早い。端末でできること限界をよく理解している
からこそ、こういう発想が 出てきて、具体的な解決方法を実現できた、と。


Kindle Fireは大ヒットとなる予感がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。