大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PLUMの青軸キーボード調子良いです
先日購入したPLUMの青軸キーボード調子良いです。


中国国内ブランドの英語配列キーボードということで、「慣れ」が必要かな、と
思っていたのですが、特に問題なく使えています。
キートップの刻印と実際に入力される文字記号は一致させてあります。
Caps LockとCtrlだけはソフト的に入れ替えてますけど。
日本語キーボードとは一部の記号キーの位置が違いますが、記号入力時だけは
キートップを見ながら入力しているので問題無いです。
日本語入力に関しては全く問題ありません。元々ローマ字入力でしたし。
むしろ変換キーや無変換キーが無くて、その分、スペースキーが大きいので、打
ちやすいです。

会社でも以前使っていたDellの日本語キーボードから板チョコタイプの薄い英語
キーボードに替えたのですが、こちらは、カーソルキーとテンキー などがぎっ
ちりと凝縮されたレイアウトなので、Insert,Delete,Home,End,PageUP,PageDown
の入力がしづらい です。
左側のAltキーも通常のキー1つ分の大きさなので、Alt+~で日本語入力に切り替
える時、どうしても押し間違えやすいです。(Altの右側に なぜか/キーがある)
近いうちに会社のキーボードも新調しようかと思います。

とにかく、中国国産でも楽しんで打鍵できるメカニカルキーボードを入手できる
ようになったのは嬉しいことです。次もぜひ青軸で行きたいと思いま す。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。