大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
onda譏りセセ VK30 縺悟ア翫″縺セ縺励◆
8インチのタブレットPC ePadが息子に取られた代わりに購入したonda VK30。


こいつを選んだ理由は8インチで800x600の画面の電子ブックリーダーだからと
いう、そこだけ。
画面タッチ式電子ブックリーダーはnookに続いて2台目になります。


パワーオン。
さっそく使ってみます。
でもひねくれ者の私は、まずは電卓機能から。


うっ、画面が超大きい。電卓のボタンが妙にリアルです。
いやぁ、スゲー使いやすい。
この電卓機能だけでもうお腹いっぱい。
って500元の電卓ってどうよっ、と思いますが・・・


ゲームも内蔵されているので、オセロを試してみます。
あ、結構強い。
角を3つ取られて負けてしまいました・・・トホホ


英中辞典の機能を試してみます。
アンドロイドみたいなソフトウェアキーボードが画面に表示されます。
英語の単語を入力。
意味が中国語で表示される。
ただそれだけです。


中英辞典の機能を試してみます。
手書き文字入力で中国語の単語を入力します。
この手書き文字入力が無駄に完成度が高い。
ソフトウェア上のペン先が筆になっているのだと思いますが、私がラフに描いて
も、中国の立派な毛筆体の漢字に見えます。文字の認識率は普通。書き 順も見
ているので、形だけ似せてもダメです。


あと、ピアノの鍵盤が表示させれて演奏できるアプリとかありましたが、音量最
大にしても音が小さすぎて実用性無しと判断。


さていよいよ肝心の電子ブック機能です。
自炊でスキャンした文庫のPDFを読み込ませます。
本体の容量は4GBありますので、メモリーカード無しでも余裕です。


画面にスキャンした画像が表示されます。
やはり8インチ800x600の画面は大きいです。見やすい。
画面をタッチしてページを送ります。


あっ、ページが送られない・・・


やられました。
上下スライド式です。
ページがぬるぬると移動するタイプです。
ページ単位で移動してくれません。
本体のボタンをいろいろ押してみましたが、ページ単位で移動するはずのボタン
が中途半端にページ送りされます。画面縦の800ドット分だけ送って いるのだと
想像し、ドットバイドットで800x600のPDFを作って試してみましたが、状況は
同じ・・・。
なまじ表示がキレイなだけに、このPDFページ送りの仕様は残念です。


まぁ、ともかく、自炊の字小さめのPDFでもキレイに表示されることだけでも良
しとします。
この仕様、最新ファームで改善されていないものでしょうか・・・。
なんか、ゲームとかではぬるぬる動くのが良しとされているみたいですが、電子
ブックのPDFでは違いますから!きっちり1ページ分送られるのが当 たり前です
から!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。