大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またかぃ!
仕事から帰ってきたら、マンションのエレベーターが故障で止まっている。


で、冒頭のタイトルのセリフが思わず出る。


お義母さんと息子は団地の広場でそのまま遊んでいてもらうことにして、自分は
階段を一段ずつ登る。
冷えたビールとか買ってきたからねぇ。
途中おばあちゃんに追いつく。


わたし「何階ですか?」


おばあ「7階だよ」


わたし「そうですか。大変ですね。私は14階です。」


おばあ「あなたのほうが大変じゃないの」


今日はまだ体は調子良かったので7階ぐらいまではスームズに登れた。
しかし、まだあと7階ある。
そこからがきつい。
しかも階段に自転車が手すりに鎖でつながれて置いてあって、非常に邪魔。
一台や二台じゃない。各階に二台ずつある。
日本ならマンション管理会社から撤去しなさいと警告されるケース。


汗だくで自宅に到着。
やっぱりきついわ・・・。
服を脱いでトランクス一枚だけになり、洗面所で顔を洗う。
扇風機もつけて椅子にすわって汗が引くのを待つ。


突然玄関が空いて息子が入ってきた。「エレベーター直ったよ~!」と中国語で
騒いでいる。
お義母さんによれば、二人で階段を登って6階まで来たとき、エレベーターが
直ったらしい。
「お父さん、なんで先帰っちゃったの?」と息子に訊かれ、返答に困る。
ビールが飲みたかったからとは言えない。
階段上って、家に着いた頃には、ビールを飲みたいという気が失せていた。


頼むから通勤・帰宅時のエレベーターの故障は勘弁してくれぃ。
こんなところで体力使い果たしたくないよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。