大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MP4プレーヤーを買った(台電C430PE)
MP4プレーヤーを買った。


台電C430PE
http://www.teclast.com/zhuanti/c430pe/description.html


以前買った同じメーカーのK5という電子ブックリーダーのボタンがへたってきた
ので、次のやつを検討していた。
同じメーカーの最新機種ではK9やK10といったあたりが候補になるが、淘宝が
「売れてます」とオススメしてきたのがコイツだった。
このMP4プレーヤーの最大のウリはデュアルOSでアンドロイド2.3が動くということ。
つまり、いろいろなアプリをインストールして楽しめるということだ。
もちろん最近のMP4プレーヤーということで電子ブックリーダー機能もある。
MP4プレーヤーとして動画や音楽を再生して楽しむ、なんて考えは最初から無い。


何よりも値段が安い。
実売価格で300元以下。最安値は180元だった。
こりゃ買うしかないでしょ。


注文してから2日で到着。
さっそく起動してみる。
まずはオリジナルOSのMELISから。
電源ボタンを押したら3秒で起動完了。はやっ。


いわゆる普通にビデオやオーディオを再生できる。
電子ブックリーダー機能もUnicode形式で保存したテキストファイルならば日本
語も問題なく表示できる。
もちろんPDFならば日本語縦書きもOK。
ちょっと気になったのはPDFでのページ送り。
画面を指でなぞると、ジワジワとページがスクロールする。ページがめくれる感
じではなくて、指でスライドさせた分だけスクロールするだけ。う わぁ、やら
れた!スゲー読みにくい。
でも、側面のハードウェアボタンでページ切り替えができました。
これならば実用上OK。
画面が4.3インチなので、文字を大きくしないと読みづらい。
まぁ、それは調整でなんとかなった。
問題はPDFだと前回読んだ箇所を覚えていないという仕様。
これは「しおり」機能で対処できる。でもマニュアル操作して読んだ位置を記憶
させなければダメ。
結構面倒だったりする。
ちなみにUnicode形式のテキストファイルであれば、前回読んだ位置は自動的に
記憶されている。ただし、青空文庫形式のテキストファイルなど はルビ文字表
示はされないので、やや読みにくい。
やはりPDFにしたほうが読みやすい。


さて肝心のアンドロイド機能だ。
電源を入れるとオリジナルOSのMELISとアンドロイドのどちらを起動するか選択
する画面になる。
この状態ではタッチパネルは使えない(OS起動する前なので)。
ハードウェアボタンでアンドロイドを選択して起動する。


起動する、と書いたが、起動処理画面のまま、なかなか完了しない。
MELISが3秒で起動したのに対して、こ、これはあまりにも遅い。
気が遠くなるぐらいの時間が経って、やっと起動が完了。
後でストップウォッチで測ってみたら、1分25秒もかかっていた。
以前買ったタブレットPCも起動には結構待たされたから、アンドロイドの起動に
はそれなりの時間がかかる、ということなのだろう。


さて、プリインストールされているアプリを起動してみる。
アイコンをタップするとファイルを一生懸命読み込んでいる感じ。でもなかなか
アプリの画面に切り替わらない。大丈夫か?と感じるぐらいの時間が過 ぎてア
プリが起動完了。画面に表示されるボタンをクリックして操作するも、なんか
もっさりとした感じ。
無線関係の機能は無いので、アプリをインストールするにはUSB接続しなければ
ならない。
USB接続するには、いったん電源を落としてから。
アンドロイドマーケットではない野良アプリを探す。拡張子が「apk」という
ファイルがそれ。


とりあえず、simejiとメモ帳的なアプリのapkファイルを本体にコピー。
また1分25秒かけてアンドロイドを起動。
ファイルマネージャーアプリでapkファイルを指定してインストール。
simejiの初期設定も完了。メモ帳アプリを起動して日本語入力を開始。


いや。
もっさりしてます。
メモリ128MBのPCでWindowsXPを動かしているような感じ。
(また、マニアックなたとえを・・・)
日本語入力切れば早くなるかというと、そうでもない。
画面のアニメーション機能を切ったら、ちょっと早くなった。
日本語文字入力としては、ちょっと忍耐を必要とするレベル。
アンドロイドで「遊ぶ」という感じじゃないです。
無理。


C430PEのアンドロイドモード時のもっさり感は、中国のブログでも指摘されてい
て、「アンドロイドには期待しないほうがいい」と書かれてま す。
まぁ、200元前後のMP4プレーヤーだしね。
こんなもんでしょう。
CPUクロックも400MHzだと言うし・・・。


でも、ファームウェアのアップデートとかで、改善、なんて期待してしまいます。
200元でアンドロイドってやっぱ魅力的だし。


現時点での結論としては、普通のMP4プレーヤーとしてはお買い得。
アンドロイドはまぁ、アレですよ。オマケみたいなもの。
やっぱり3000元ぐらい出して、まともなアンドロイド・タブレットを買え、って
ことですかねぇ?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。