大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
判らないものは判らない
朝、いつものように流しのタクシーを止める。


運転手はちょっとオシャレな格好したおばちゃん。
いや、おばちゃんは失礼かな。オネーサンとしておこう。たぶん自分より年下だ
ろうし。
なんか話しかけられたのだが、聞き取れない。
いや、訛りとかそういうのじゃなくて、中国人同士の普通会話モードなんだろう。
「ん?」とかあいまいな返事をしたら、もう一度同じことを言われたが、それで
も判らない。
自分の中国語能力の限界を感じるのはこういう時だ。


黙ってしまうと変な奴だと思われるので、
「私は外国人で、私の中国語能力は限られています。不好意思。」
と言ったら納得したらしい。


6年大連に住んでいても、所詮、この程度の中国語能力だ。
まぁ、朝の通勤の車の中での話題だから、お天気とか渋滞とか、私の仕事は何だ
とか、そういう話だとは想像できるのだが、それらしき単語が出てこな かっ
た。一つでも知ってる単語が聞き取れれば、それを復唱して話を膨らまさせるこ
とができるのだが・・・。
というか、正直なところ朝から頭使いたくないので、以後は目的地到着まで無言
で通した。


最近、妻からも「中国語少し下手になったんじゃない?」とか言われる。
余計なお世話だ。
貴方だって日本語まともに話せないでしょうに、と思うが言わない。面子の社会
だし。
息子の中国語も聞き取れないことがある。また私の発音が悪いと息子に話が通じ
ないこともある。


こりゃまた中国語勉強しないとダメかも知れんね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中国語ど素人だった私でもたった70日でマスターしてしまった楽勝の中国語学習法を知りたくありませんか?
2011/07/28(木) 07:26:20 | 中国語70日間習得プログラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。