大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋番号キー、昔、開発やってた頃を思い出した
何とも妙なタイトルだが、マンションの入り口にある部屋番号を入力するテン
キーのこと。


居住者は「カードキー」を持っているので、通常テンキーのお世話になることは
無いのだが・・・


ウチの場合、妻とお義母さんがそれぞれカードキーを持っている。
私は持っていないので、帰宅する時、いちいちテンキーで部屋番号を入力する。
このテンキーがクセモノ。
例えば部屋番号が1423だとする。
「1」「4」と押したところで「4」が2回入ってしまう。「144」という感じ。
ボタンを1回しか押していないのに2回続けて入ってしまうことを専門用語で
「チャタリング」という。
部屋番号間違えているで、「#」を押してクリアする。
もう一度「1」「4」と押していく。今度は大丈夫。
「2」と押したら、またもやチャタリング。「1422」となってしまい、別の部屋
番号の人を呼び出してしまった。


「対不起。打錯了。」


こうして、毎回、1422号室の人は、間違いで呼び出され、私のためにドアを開け
てくれる。
(不在の時もあるが・・・)

※1423号室は架空の部屋番号です。ウチのマンションには実在しません。


チャタリングというのは部品の精度やソフトウェアの問題で起こる。
昔、開発の仕事をやっていた頃、ボタンの反応が鈍い!とか、チャタリング起き
やすい!とか技術者同士でやりあっていたのを思い出した。


まぁ、外気にさらされるボタンであるし、多少の経年変化は仕方がないとして
も、チャタリングでまともな番号を入力できないのはマズイだろうに。


このチャタリング現象、銀行のATMでもよく起こるので困ったものである。
急いでいる時などは、本当にイライラする。
暗証番号3回続けて間違えたらATMにカードを呑まれてしまう。
だから、いちいちカードを取り出して最初からやり直している。
300元引き出すつもりが、3000元になってしまったり・・・。


招商銀行! アンタんトコのATMだよっ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。