大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性の買い物は長い・・・
マンション部屋の次の店子が決まった。


ドイツ人が二人住むらしい。
夫婦というわけではなく、二人でシェアするとのこと。
でも、借主は上海の会社。
直接契約というわけではなく、又貸しというやつですな。
ドイツ人にはいくら上乗せして貸していることやら・・・
(たぶんドイツ人の務めている会社が払っているんだと思う)


ちなみに、賃貸料は一年契約で2万6千元。
前の店子とは違い、いろいろと家具を用意する必要が出てきた。
まずは追加のベッド。(前は一つだけだった)
ベッドは本当にピンからキリまであって、価格は天井知らず。
大連商城で一番安いのは700元。
それでいーじゃん、と私は言ったのだけど、妻は納得せず。


翌日、開発区税務署の近くの家具市場へ。
なんか、友達の店とやらで見つけたベッドが550元。
即決。


パソコンデスク。
これもすでに一つ置いてあるんだけど、二人がそれぞれ使うから、もう一つ用意
することに。
150元。
でも、椅子は自分で用意してもらう。(妻の言い分。普通椅子もセットじゃない
のか?)


最後はテレビ。
テレビはもともと最初から無かった。
前の店子は自分の奴があるというので用意しなかっただけ。
今回、妻と意見が合わなかったのはコレ。


私は適度にコストパフォーマンスが良ければ、何でも良いというスタンス。
でも妻はSONYが欲しいと主張。
私もSONYは好きだけど、これから最低1年間は自分たちが見られないテレビにこ
だわってもなぁ・・・。
SONYは高いのよ。(32インチで2700元)
TCLの40インチでいいじゃん。(2700元)
3D機能とかいらないし。(ごついメガネかけて映画観たくない)


このテレビを選ぶ課程で電気店を5軒廻った。
足が笑ってる。
もう疲れた。
なんかどうでもよくなってきた。
おぉっ、これが妻の作戦か?


結局、SONYの32インチに決定。
フルハイビジョン対応でPCのディスプレイとしても使える。
こっちが一台欲しいくらい・・・


普通であれば、この後、納品立会い、となるわけだが、それは妻に任せた。
休みの日と言えども、仕事は待ってくれない。
私だけ一足先に家に帰ることにした。


ところが、この後、大変な事になってしまうのであった・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。