大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと一息
先ほど、仕事が一段落ついたところ。

これでやっと一息つける。
明日の朝、翻訳が上がってくるまでの間だけだが。

技術的な課題や問題点はすべてクリアした。実はこれが一番重要なことで、昨日までは「やってみなければ分からない」状態だったのが、全部解決した、ということだ。
残りの仕事はいわゆる「作業をするだけ」になったということ。
こうなると、気持ちの上ではだいぶ楽である。

昨日も書いたことだが、印刷以外のやり慣れていない仕事は非常に神経を使う。
理屈の上ではできると思うが、やってみないことにはわからない、ということが多いからだ。「やったことがないので、できません」では仕事にならない。「大丈夫、なんとかしますよ」と言わなければ仕事は前に進まないのだ。

実際にやってみると次から次へと問題が起こる。そりゃそうだ。簡単なことだったら他の誰かがやってる。

今は本当に良い時代だ。
インターネットという便利なツールがある。
私が悩んでいる問題は、すでに別の人が解決していることがほとんどだ。
ここで第一のスキルが登場する。
つまり、インターネットの情報の中から「目的の情報を見つけ出す」という能力だ。

なんのことは無い、Googleで適当なキーワードを入れ、検索をしているだけなのだが、最適なキーワードを複数組み合わせる、という点がスキルである。
Googleは一瞬で結果が出るし、他の検索サイトのように「大ハズレ」が上位に出てくることもない。

第二のスキルは「情報で得た知識を組み合わせる」という応用力だ。
結果が同じならばやり方は問わない、ぐらいの柔軟な思考が必要で、一つの方法がダメなら別の方法を組み合わせたら、どうなるだろう?という姿勢で仕事に臨むのである。

「なんだよ、そんなの当たり前のことじゃん」と言われればそれまでだが、そういう人には私は言いたい。「じゃあ、やってごらん。」
ここは中国。まわりには助けてくれる人は誰もいない。
問題を解決できるのは自分だけなのだ。このプレッシャーはものすごく大きい。
「できませんでした」では済まない。

もちろん中国人技術者の能力は極めて高い。
私の技術などを遙かに凌駕している。
だが、それはきちんとした資料を与えられ、こちらの要求を正しく理解した場合のみ発揮される。残念ながら外国人には、日本人同士のあいまいな約束事は理解できないし、日本語の文章を取り扱う仕事では、文章の改行位置をどうするかや、資料が無い箇所についてはライターとしての能力(作文能力)も要求される。

段取り(準備)が完璧であれば中国人を使うことができる。だが、段取りをするのは日本人だ。また、きちんとした段取りをできるだけの能力があれば、実際の制作作業もその日本人ができてしまう。そして、段取りができる日本人が作業をしたほうが、外注で中国人にまかすより早い。特に納期の厳しい仕事の場合、中国人にアウトソーシング(外注)するための資料を用意する時間があれば、自分でやったほうが早い、というのが現実である。

こういう性格の仕事はそれほど多くはないが、現地にいる日本人の強みで、日系企業からは重宝される。「日本人の細かい要求に応えられるのは日本人だけ」ということである。

印刷の仕事だけやってられたらもっと楽なのだが、そうも言ってられないのが現実。
ここのところ毎日家で朝から深夜まで部屋にこもって仕事としていたので、妻からの風当たりが強い。
今月いっぱいは、たぶんこの忙しい状態が続く。スマン、妻よ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。