大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市内は大変だなぁ、という感じ
仕事の関係で、久しぶりに軽軌に乗った。


人多すぎ・・・
ドアの近くで大きな荷物を床に置いてる人がいるもんだから、人の出入りに支障
をきたしている。
もう、対向シートはやめて、日本の電車のようにベンチシートにしたほうがいい
かと思う。
あと、本数もっと増やしたほうがいい。本当は4両じゃなくて8両ぐらいにすれ
ばいいのだろうけど、ホームの長さが足りないから無理。
結局、人の増加に追いついてない。


軽軌がこんな具合だから、開発区と市内を往復しているバスもすごい込みよう。
かなりの本数出てるんだけどね。
朝夕の通勤時の渋滞もひどい。
地下鉄作ったり、新しい道路作るのわかるわ。


市内で生活されている方には申し訳ないが、もう市内へ生活拠点を移すのは止め
ようと思った。
金州・開発区での生活に慣れてしまうと、市内は人が多すぎて厳しいな、という
のが正直な印象だ。
市内は周りにコンビニがあって、確かに生活面では便利だった。
でも、金州はコンビニは無いけども、24時間営業の超市があって、仕事で夜遅く
帰宅して小腹が空いてもなんとかなるぐらいには便利になった。
問題は停電と停水だけだ。
こればっかりはなぁ・・・
いずれは開発区と金州にマンション買って、今日は金州停水だから開発区で泊ま
る、とかできるようにしたいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。