大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国語の文語は難しいなぁ
普段、中国語で文章を書くことは殆ど無いので、どうしても中国語の文語につい
ては理解できていない。


例えば、「,」(カンマ)と「、」(読点)の使い分けはどうしてるのだろう?
日本語の場合「、」「。」で大抵は事足りる。たまに「・」を使うぐらいだ。
しかし中国語の場合、「、」「,」「。」を使う。たまに「:」とか「;」も使う。
昔、中国語の印刷物を作る時、「、」や「,」の使い分けを理解していなくて、
全部「、」に修正してしまったことがある(笑)。
今でも使い分け方法は知らないのだが、中国人にとって「、」と「,」はちゃん
と意味があって使っているらしい。だから、その失敗以降は、「、」 「,」に
ついては訂正せずそのままにするようにしている。


で、さっそくネットで調べてみた。


http://blog.goo.ne.jp/inghosono/e/fccd79da256542d849a55ac3cc836a81


かなり詳しく書いてあるのだが、ビール2本飲んだ週末のリラックスムードの私
では、まるっきり理解できない。
基本的には「,」(カンマ)を使って文章を区切るらしい。
「、」を使うのは文字数が短い場合や、併記される単語が同じグループに属する
場合、などに限られるらしい。
具体的にはこういうことだ。


リンゴ、イチゴ、みかん,トウモロコシを食べた。


単語を日本語で書いてしまっているが、これはわかりやすく説明するため。
「リンゴ」「イチゴ」「みかん」はフルーツ(果物)という共通点がある。だか
ら区切りは「、」。
「みかん」はフルーツで、その隣のトウモロコシは穀物、まぁ、フルーツとは別
のグループに所属することがわかる。
両者に共通性がある場合、区切りは「、」。
共通性が無い場合ならば、区切りは「,」である。


まぁ、こういう知識があっても、実践ではすぐには役に立たない。
中国語の雑誌や新聞などは、とても読む気がしない。
活字を目で追うのがおっくうだから。
まぁ、必要な時に必要なスキルで対応するから。


ここまで文章書いていて、眠気でクラクラしてきた。
さて、もう寝るとしよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。