大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何気に便利な貨物車
妻から「これ持って帰って」と渡された掛け布団。


重たくはないものの、箱が大きい。かさばる。
帰宅する時に乗るマイクロバスはラッシュアワーで満員。
そういう時にでかい荷物はひんしゅくを買う。
じゃあ、タクシーに乗ろうとすると、金州までは行ってくれない。
こういう時、マイカーがあればなぁ、とつくづく思う。


開発区のマクドナルドの前にはピックアップトラックが止まっている。
これは送貨車というやつで、いわゆる貨物車。
荷物があれば、その持ち主と一緒に運んでくれる。
以前息子の自転車を購入した時も乗った。
貨物車だから、金州のような田舎でも断らない。むしろ買い物の荷物程度なら皆
タクシーを使うので、運ぶべき荷物とお客がいれば、基本的にどこでも OKだ。
運転手に自宅までの費用を確認。
15元。タクシーならばメーターで11元なので、荷物運び賃込みならば妥当な
価格。


トラックなので乗り心地はあまりよろしくないが、かさばる荷物がある場合には
非常に便利だ。
中国では、こういう交通機関の住み分けができているのには感心する。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。