大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイル検索ツール「Everything」
PCに絶対入れておいたほうがいいアプリケーション。


「Everything」
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/file/filesearch/everything.html


一瞬で自分のPCの中のファイルを検索してくれる。
本当に一瞬だ。


Windowsの標準検索機能(スタートボタンを押して、「プログラムとファイルの
検索」というやつ)は
検索中にコーヒーが飲めるぐらい時間がかかる。
自分のPCの中を調べるだけなのに、どうしてGoogleよりも時間かかるんだろうね。


だが「Everything」ならば本当に一瞬で検索できる。
ファイル名の一部分でいいので、何かキーワードと入力する。
入力している途中からどんどん検索結果が絞りこまれていく。
仕事で書類を探すときは、思わず感動するぐらい便利だ。


Everythingでの検索をやりやすくするためには、日頃からファイル名に気をつけ
る必要がある。
例えば私の場合、日付と仕事名、お客様の会社名あるいはお客様名をファイル名
にしている。
検索は「お客様名」「会社名」「仕事名」でできる。
日付はその仕事がいつだったか確認するためだ。「昨年の何月何日のお仕事の件
で・・・」とお客様に
話を切り出すことができる。
ファイルのプロパティで「ファイル作成日」でも確認できるが、ファイルをコ
ピーしたりするとファイル作成日
がコピーした日になってしまったりするので、あくまでもファイル名に日付を組
み込んでおくことが重要。


2011_ZZ工業_◯◯さま_基板S22の件.doc


とか、こんな感じ。
多少面倒だが、これをやっておけば、後で検索するときは一瞬で見つかる。


ファイル名を変更するとまずい場合がある。例えばお客様がそのファイルを作成
された場合、こちらで勝手
に名前をつけ直してしまうわけにはいかない。
そういう場合は、フォルダを上記名前ルールで作成し、その中にファイルを放り
込む。
Everythingはフォルダも検索で表示してくれるので、問題ない。


現在、事務所で使っているメインのPCではハードディスク2台で700GBの容量が
あるが、だいたい300GB
ぐらい使用済み。
大小様々なファイルが保存されている。
Windows標準の検索機能を使ったら、コーヒー飲めるどころか、食事に行けるぐ
らいの時間がかかってしまう
が、Everythingなら一発だ。
部下のPCにもさっそくインストールさせた。
もちろんファイル名のルールも教えた。


私はナマケモノなので、こういう楽できるツールは本当にありがたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。