大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能率を引き上げる9つの「してはいけない」こと
「The 4-Hour Workweek」(週4時間しか働かない仕事術)という本の作者Tim Ferris氏が提唱する『能率を引き上げる9つの「してはいけない」こと』。

【参照URL】
http://lifehacking.jp/2007/08/9-not-todo-items/

1.発信者の不明の電話に応じてはいけない

2.朝一番、あるいは夜最後にメールをチェックしてはいけない

3.議題が決まっていない、あるいは終了時間が決まっていない会議に出席してはいけない

4.人に無駄話をさせてはいけない。「調子はどう?」よりも「何か面白いことある?」と切り出す。

5.メールを頻繁にチェックしてはいけない。むしろ定時にバッチで処理するべき。

6.利益は少ないのに手間のかかる客とのコミュニケーションに時間をとられてはいけない

7.多忙だからといってさらに長時間働いてはいけない。優先順位をつけてあとは切り捨てるべき。

8.携帯電話を常に持ち歩いてはいけない。夜や週末にはこのデジタルの首輪から抜けだそう。

9.仕事が仕事以外の人間関係や活動の代わりになると期待してはいけない

「1」は実践してます。
暇な時は出たりすることもありますが。

「2」は目からウロコです。
そうなんです。寝る前に仕事関係の面倒な内容のメールを見てしまうと、寝付けない、あるいは嫌な夢を見るハメになります。朝一番でも、そういうメールを見てしまうと、心が乱されますし、その日計画していた仕事の段取りがメチャメチャになります。

「3」は激しく同感。
本当に無駄なので、何かしら理由をつけて断るべきです。

「4」はぜひ実践してみます。どうでも良い世間話は苦手なので。

「5」も実践します。朝、昼、夕方の3回だけにします。メールにふりまわされる仕事振りはダメだと思いますから。

「6」はまさしくその通り。完全にお断りするわけにもいかないですが、距離をできるだけ置くようにします。

「7」は実践してます。というか、切り捨てないと自滅してしまいますので。

「8」は昨日から開始しました。仕事をしていない時間は、電話は留守電にしておくか、寝ている時間は電源を切っておくようにします。

「9」はうすうす感じていたことです。転職するたびにその仕事に関する人間関係は基本的に断ち切れちゃうんですよね。

この他にも、このTimさんの為になる話があるのですが、続きはまた今度。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。