大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘッドホン買いました
ヘッドホン買いました。
一気に4つの大人買い。


例によって淘宝網です。
送料込み全部で170元。


はい、170元です。桁は間違ってません。


価格からして明らかにニセモノなんですが、なんでそういう買い物をしたかと言
いますと・・・


MDR-Z900のイヤーパッドがもう限界なのは先日の記事で書いた通り。
イヤーパッドだけ売ってないかな?と淘宝網を探していたところ、ありました。
25元。


二つで50元。
送料が20元。
合計70元。


ふと、画面右のバナー広告見ると・・・


MDR-V900HDが95元。


ちょっと待て!


V900HDは昨年あたり、何かのショーで発表された新機種。
形がMDR-Z900と一緒。
たぶん、Z900HDの後継機種という位置づけかも・・・


MDR-V900HDで検索すると、出てくる出てくる・・・
相場は1500元ぐらい。
なるほど、確かにZ900HDと同じ価格帯だ。
で、安い順に並び替えると、75元とかえらく安いV900HDがある。


う~~む・・・


価格が相場の20分の1って・・・


明らかにニセモノですな・・・。


で、ふと思ったのですよ。


イヤーパッドだけ買うより、コイツ買ったほうがお得じゃね?


75元でニセモノとは言え、V900HDが手に入る。
いずれホンモノを買う時のために、ニセモノをよく知っておくのもいいじゃないか。
まぁ、音がダメダメでも、イヤーパッドの部品取りに使えるし・・・
最悪、イヤーパッドの寸法が合わなくても、75元(日本円で1000円弱)なら諦め
もつくし・・・。


ニセモノとわかってはいても、信用のある店から買いたい。(言ってることが矛
盾してるのは承知・・・)
店の信用度がダイアモンドクラスで、既に15人以上が買っていて、レビューも
ちゃんと書いてあるところ
を見つけた。
「不錯」(とても良い)、「満足」(満足している)、「低音が迫力ある」、み
たいなことが書かれている。
それも一人や二人じゃない。二桁人数。
もしかして、もしかする?


こりゃ、真剣にニセモノ調査したほうがよくね?


ということで、調子にのって、パイオニアのHDJ-1000(53元)、SONY MDR-
EX700(9元)、SONY MDR-EX088(12元)を追加。
価格からして、絶対ニセモノ。
ポチッと注文しちゃいました。


で、本日、品物が到着。
V900HDとHDJ-1000は、お値段がそれなりなので、パッケージも豪華。
これでもかっ、てぐらい過剰包装。
やっと本体とご対面。


V900HDはホンモノのZ900よりも軽い感じ。
質感は良いです。つーかV900HDのホンモノ見たことないので、見た目ではニセモ
ノと判断できません。
工業製品としては充分な仕上がり。
やっぱオーディオ製品は音でしょ、音。
さっそく試聴します。


先日買ったサムソンのMP4プレーヤーを使います。
前日に、Z900をつないで試聴しています。ホンモノのZ900での音を覚えておきま
した。
普段はミキサーにつないでZ900を聴いているので、MP4プレーヤーにつなぐのは
初めて。
インピーダンスのマッチングとかで、音質変化するので、一応チェックしておか
ないと。
さて、ニセモノのV900HDはどうかな?


おっ、結構重低音出てますよ。
なんか、かなりそれっぽい感じ。Z900シリーズの音の特徴を、うまくマネできて
いるんじゃないでしょうか。
で、冷静に試聴を続けていくと・・・
まず、高音に伸びがありません。
結構シンバルとかきつい曲を流してみましたが、まろやかになってます。
なんか聴きやすくなってるし・・・w
音の定位が甘い感じ。ボーカルがセンターにビシッと決まってないかな。
なんか位相ずれ起こしてるような感じなんですよ。
あっ、L/R逆になってるよ。製造管理してないなぁw。
でも、左右逆に装着してみても、定位の甘さは変化なし・・・
これは「スタジオモニターヘッドホン」じゃないなぁw。


でも、Z900シリーズの音を知らない素人さんが聞いたら、「結構いいじゃない
の」って評価になると思う。
音の雰囲気は悪くないんだよね。
ドンシャリで、それなりに迫力あるから。
悪いけど、価格が20倍違うから、素人さんは「これで充分」って言いそう・・・
なるほど、買ったお客さんのレビューが皆良い評価だったのもうなずけるなぁ。
やばい・・・。思ったよりも音悪くないよ・・・


次にHDJ-1000。
プラスチック部品の質感は、まぁ安っぽいおもちゃみたいな感じ。でも頑丈そう。
これもしっかり低音出てます。
定位感は、V900HDよりも良い感じ。
もちろんL/Rは正常です。
高音は押さえ気味の感じ。まぁ、それはホンモノもそうなので。
頭への締め付け感も、ホンモノと一緒。
ホンモノっていくらだっけ?3万近くするんだよね?
これで53元か・・・。日本円で700円弱・・・。やばい・・・。かなりやばい
よ・・・w。


元々、ホンモノもクセのある音で、個人的には好きくない音だったから、使うな
らZ900だった。
そういう要素を考えると、ニセモノのHDJ-1000は、DJやるなら、これで充分じゃね?
という感じ。高音がまろやかで耳にも優しいし。


EX700。
これはハズレだった。
ゴムが柔らかすぎて、装着感が安定しない。隙間ある感じ。
だから、左右で音のバランス違う。
やっぱ9元だし、こんなもんか・・・


EX088。
これは当たり。
しっかりと装着できる。耳栓の密閉感がハンパない。
低音がすごい。
やばいぐらい低音でてる。
高音の伸びは無い。ディエッサーかかってる感じ。
でも、長時間音楽聴くならこのほうが耳には優しいと思う。
インナーイヤーのニセモノなんて、低音スカスカ、という私の既成概念を見事に
覆してくれた。
これで12元(160円弱)なら、マジでお買い得。
わざわざSONYのニセモノじゃなくて、独自ブランドで出しても充分勝負できるク
オリティ。


上記4つのヘッドホン・イヤホンは、革っぽい立派な収納袋が付いています。
これだけで、販売価格いってもおかしくないぐらいのデキ。


最後に、いつものインナーイヤーMDR-EX300SL(もちろんホンモノ)で試聴。
ヌケの良い音と、程良い重低音・・・。定位もビシッと決まるし・・・
やっぱホンモノは違うなぁ。


予想以上にニセモノのヘッドホンのデキが良かったので、中国国内でホンモノを
買おうとするのは
ヤバそうです。下手すると店主がニセモノをホンモノだと信じて疑わない可能性
があります。
ホンモノと同じ値段で、店主から「これはホンモノだから安心してね」と言われ
たら、ホンモノの音を
知ってないと、普通の人なら簡単に騙されてしまう感じです。
周りが騒がしいお店だったりすると、いくらヘッドホンと言えど、まともな試聴
はできないですから。


ちなみにZ900HDやV900HDは、イヤーパッド取り外してみれば、すぐわかります。
イヤーバッドが外れやすいのがニセモノ。ホンモノは簡単には外れないです。


というわけで、久しぶりに楽しいお買い物でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。