大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows2003serverインストール覚え書き
Windows 2003 serverのインストールでハマったので覚え書き。


事務所のDell Inspiron 531にWindows 2003 serverをインストールすることにした。
このデスクトップPCはVistaあるいはXPのドライバしか用意されていない。
2003 serverをインストールするのはあくまでも自己責任。


一回再起動がかかって、2003 serveのロゴが表示されて、デバイスのインストー
ルの途中でフリーズ。
仕方がないので、もう一度最初からやり直し。


それでもNG。
ディスクに傷がついてるわけでもなし、試しに他のPCにインストールしてみたら
問題なかった。
Inspiron531だけの問題か?


何度やっても、インストール残り34分のところで止まる。
Googleで検索。
なにやらそれらしきページを発見。


セットアップが残り時間 34 分で応答を停止する
http://support.microsoft.com/kb/828267/ja


マイクロソフトのページだ。
どうもこれらしい。
インストールが止まったところで、「Shift+F10」すれば回復コンソールが表示
されると書いてあるが、Shift+F10押しても反応しな い。
インストール止まるってことは、フリーズしてるわけだから、キーボード押して
も反応しないのは当然のような気がするのだが・・・。


仕方ないので一旦電源を落として、CDから再起動。「R」を押して、回復コン
ソールを起動。
>more setupapi.log
でログを見る。
「問題の原因である可能性が最も高いデバイスを探すには、ファイルの最後の
10~15行を確認します」
とマイクロソフトは言うが、
DOSのmoreと違って、回復コンソールのmoreは表示する行を指定できない。
setupapi.logは40~50KBあるので、最後まで表示しきるのに非常に時間がかかる。
スペースキーをいったい何度押したことやら・・・
で、その最後の10~15行によれば、どうやらUSBドライバのインストールで失敗
している様子。


OSのクリーンインストールなので、余計なデバイスはいっさい接続していない。
USB接続しているデバイスと言っても、マウスとキーボードだけ だ。


(1)マウスを外してみた。
⇒関係なし。同じところで止まる。


(2)PC全面のUSBポートを外してみた。
⇒関係なし。


もう、あとUSB接続されているデバイスはキーボードしかない。


(3)キーボードを外してみた。
⇒ビンゴ!


34分より先に進んだ。


しかし、日付の設定画面でキーボードあるいはマウスでの入力をうながされている。
あわてて、キーボードをつなぐが、反応しない。
USBドライバがインストールされていないのだから当然だ。
マウスをつないでみても同じ。


どうしろっていうんだ?
(Inspiron 531はPS/2ポートが無いので、キーボードやマウスはUSB接続するし
かないのです)


Cドライブにインストールしようとするのがいけないのかも・・・
(4)ハードディスクの別パーテーションにインストールしてみた。
⇒関係なし。


あとやってないことと言えば・・・、BIOSのアップデートぐらいか・・・


BIOSのアップデートプログラムはEXEファイルだった。
これを起動するにはWindowsが必要。
とりあえず何かWindows入れなきゃ・・・


というわけでXPをインストールしてみる。
34分のところは・・・・、おっ、無事通過。
最後までインストールできた。


BIOSのアップデートプログラムを実行。
元のBIOSバージョンは「1.0.10」。アップデートで「1.0.13」になった。


最悪、2003 serverがインストールできなかったらXPで使うとしよう、というこ
とで・・・
(5)先ほどの別パーテーションに2003 serverをインストール開始
⇒34分を無事クリア!


なんだよ。結局BIOSが原因か・・・


こうやって文章に書くと、さらっと片付けているようですが、実際には二日間ハ
マってました。



なんで、これほど苦労してまで2003 serverのインストールにこだわるかと言う
と、XPよりも抜群に安定しているから。
仕事でとあるアプリを動作させていますが、XPだとひどい時には半日でフリーズ
してたりします。
でも2003 serverならハード的な故障でも無い限り、まずフリーズしないし、OS
の再起動も必要無し。
まぁ、serverなんだから当然なんだけれども、安定して動作するっていうのは非
常に重要なこと。
Windowsはなんだかんだ言っても、Linuxよりも取り扱いが楽。
大連のホスティング会社が2003 serverを使っているのもわかる気がする。


OSのインストールが無事終わったので、あとはウイルス対策ソフトと動かしたい
アプリをインストールして完了。
電源を落として、社内ネットワークのルーターに接続。キーボード、マウス、
ディスプレイはもう不要なので取り外す。電源ON。これでおしまい。
リモートデスクトップでログインして、いくつか細かい設定をする。
手元のPCですべて遠隔操作ができるので便利だね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。