大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPhoneイラネ
iPhoneのアプリを開発することになって、いろいろ調べた。
開発するのにMacが必要。
Windowsでも開発できなくはないけど、Macじゃないと面倒になるようになってる。


まぁ、ここまではいい。


問題はiPhone実機にアプリをインストールできるようにするためには、Apps
Storeに出展するしかない、ということ。Apps Storeはアップル社のいわゆる公
式サイトなわけだけど、出展許可を得るための審査があって、これがとにかく不
透明。理由もなく不許可になったりして、 そうなると事実上、アプリの販売も
できない。
Mac買わせて、ソフト買わせて、「オタクのソフト許可できないから」って、
いったい何様?
いや、まだ不許可になったわけじゃないけど、「審査通過するかどうかわかりま
せん」じゃお客さん納得しないよ。せめてどういう場合に不合格になる のか基
準を明確にして欲しい。
こちらも遊びで開発するわけじゃないんだから。仕事なんだから。


個人としてスマートフォンを持つとしたら、iPhoneはいらない。
androidにする。
iPhoneのアプリは有料のモノが4分の1から5分の1ぐらい。
でも、同じ名前のアプリが、androidだと無料だったりする。
どうしてか?


androidはGoogleの広告が画面に表示されるから。


利用者の立場からすると、ソフトが無料なのはありがたい。
いろいろなソフトを気兼ねなく試してみることができる。
iPhoneの場合、インストールしてみて、気に入らなかったら返品できるらしい
が、もし返品がうまく動作しなかったらどうしよう?
そういう不安要素があると、思い切った使い方ができないよ。


思い切った使い方って具体的にどんな?
アプリを片っ端からインストールしてみること。
いま、androidタブレットPCで実際にやってるのがコレ。
子供が勝手にダウンロード&インストールしてる。
もし、有料のソフトだったらどうするよ?
子供に使わせなければいい、というのは一つの意見。
子供が使っても安心、というのも一つの意見。
たしかにandroidの場合、アダルトコンテンツやアダルトアプリも混在している。
でも、それは親の責任で対処できること。
ところが、アプリの課金については、後になって請求来る可能性もあるわけで・・・


iPhoneは、アプリを勝手に開発させない、開発するなら金払え、アップルの公式
サイト以外での配信は認めないよ、でもソフトは買ってね。
っていう、すごく高飛車な感じがイヤ。とってもイヤ。優れたガジェットだとは
思うけど、ビジネスモデルに賛同できない。


androidは無料。とにかく無料。
コンテンツにはいくつかの条件はあるみたいだけれど、アップル程厳しくない。
自由な雰囲気、それがandroid。


ウチのandroidタブレット、息子がいろいろアプリをインストールした。使わな
いやつはだいぶ消したけどそれでも50個ぐらいのゲームアイコ ンが並んでいる。
お気に入りはハエたたきゲーム。
画面に表示されるハエを指で叩くと潰される。
だんだん登場してくるハエの数も増えてきて、クモとかも混ざってくる。
てんとう虫とちょうちょは潰しちゃだめ。潰すと画面いっぱいに真っ赤な血が広
がって、ハエの数も一気に増える。
今日もプチプチ叩いてます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。