大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムトラベルと現在
グーグルが創立10周年を記念して2001年当時のGoogleを再現したサイトを期間限
定で開設している。

http://www.google.com/search2001.html

10年前は何してたっけ?と当時の自分のホームページ名を入力してみたら出てき
た。
検索結果をクリックしてみると、もうそのサーバは無くなっているので、ホーム
ページは表示されないのだが、

Internet Archive WayBack Machine
http://www.archive.org

というサイトがあって、そこに当時のホームページがしっかり保存されていた。
グーグル2001からは、そのページへのリンクを検索できたということである。
自己満足まるだしで第三者から見たらどーでもよい内容なので、URLは載せない
が、当時は確かWindows3.0だか3.1。ダイヤルアップモデムでモデムメーカーの
無料アクセスポイントに接続してネットサーフィンしていたのを思い出した。
ホームページは、とにかく何か世界に情報を発信しなきゃ!みたいな勢いだけで
作ったので、今見るととっても恥ずかしい。
当時は今のようなホームページ作成ソフトなんて無かったから、「ペイント」と
「メモ帳」だけで作っていた。

当時、就職していた会社のホームページも検索してみた。
懐かしい当時の画面が表示された。そういや、結構マメに更新してたっけ。
私がいた当時では給料の支払いが滞るぐらい不安定な経営だったから、いいかげ
んもう潰れただろうと思いきや、現在でもその会社のドメインは残っていた。し
かもホームページは現代風にしっかりリニューアルされていた。
社長を含め、当時の社員は全員いなくなっているのだが、親会社がなんとか存続
させたようだ。

調子にのって、Internet Archive WayBack Machineで更に2001年当時の自分のサ
イトを探してみた。ダイナミックDNSを使った独自ドメイン(実際にはサブドメ
インだが)で自宅にあったパソコンの一台をホームページサーバーにしていた頃
のサイトである。
自宅サーバーだから広告とか表示されないし、商売でも使えるというので、ちま
ちまとした副業をやっていた。一年に3万円ぐらいの売り上げにしかならなかっ
たけど。
メルマガなんかも発行していて、当時の私は元気だったとしみじみ思う。
商売サイトだったので、プロフィールには本名を表示していた。今思えば無謀だ
ったなぁ・・・。

本名でふと気がつき、現在のGoogleで検索してみた。
最初に出てきたのは、昔作ったシェアウェア。今でもVectorに登録されている。
技術者として在籍していた会社での特許の文章も検索された。
ん?こいつは誰だ?
同姓同名がいた。
1980年大阪出身。ふーん、今は28歳か。
職業が音楽家。海外の大学に在籍しつつも日本の音楽学校で非常勤講師をしてる
らしい。Wikipediaに自分の記事を書き込んで、ほとんど無名なのを理由に削除
されている(笑)。自分の別の人生を見ているようで面白かった。

一回会って話しをしてみたいと思った。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。