大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろお買い物
まずはケータイ。
Motorolaを買った。
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/11/29/102.html

このケータイの最大の特徴は、ディスプレイにe-inkを使っていること。
e-inkと言えば電子書籍リーダーだが、すでに2つも電子書籍買っているので、
さすがにもう一つ買うのはためらわれた(というかe-inkの電 子書籍リーダーっ
て高いんだわさ)。


このMOTOFONE F2というケータイは淘宝網で138元。
冗談で買える値段だったので注文。
ヨーロッパ仕様なので、英語表示。ショートメッセージも中国語には対応してい
ない。
つまり、電話かけて受けるだけのケータイ。
たしかにe-ink画面は見やすい。
一応バックライトも付いているので暗闇でも使える。
だが、電池のもちが悪い。一日で充電しないといけない。
これはおそらくバッテリーのへたれ。
一応新品なんだけどね・・・。
まぁ、値段が値段なんで仕方ない。


モトローラの携帯なんて、VodafoneのV66以来だ。
スマートフォンも興味はあるけど高いのでなかなか手が出ない。
こういう安くて特徴のあるケータイだとつい買ってしまう。


次に買ったのは電子辞書。
http://www.exceedspace.com.cn/

XD100Jという中日辞典。
淘宝網で240元。
これも試しに買ってみた。
日本の中国語電子辞書の10分の1の価格だし。
内蔵されている辞書の種類がかなり多い。
キーは小さいが、ローマ字で入力できるので、割と使える。
日本で発売されている中国語電子辞書は「小学館」のやつがほとんどだが、
XD100Jは中国の出版社のやつで、内容は「小学館」のやつより充実し ていると
思う。
ただし、ペン入力はできないので、わからない中国単語を調べる、という使い方
はできない。
ピンインがわからない限り漢字を入力できない。
そういう点では、ある程度中国語を話せる日本人にしかオススメできないかも。


なおUSB接続やminiCFカードに対応していて、電子書籍リーダーとしても使える。
UTF16形式ならば、日本語のテキストファイルも表示できる。
ただしバックライトが無いので暗がりでは読めない。


まぁ、予想外に使えるな、というのが印象。USBメモリとしても使えるし、コン
パクトなので、カバンの中に入れていつも持ち歩ける。


他には中古のノートPCを買ったのだが、まだ周辺機器とか揃っていないので、本
格的に使っていない。
今週には揃うと思うので、そうしたらレポートしたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。