大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
iPadとタブレットPC
先日、日本からいらっしゃったお客様がiPadを使いこなしているのを間近に見る
機会がありました。


プレゼンテーションはもちろん、打ち合わせの際のメモもiPadで取ります。
どうやってメモを取るかというと、文字通りの「手書き文字」です。
iPadは大きいように見えて、実はA4ノートの見開きよりは小さいです。
画面に文字を手書きしていくと、すぐに埋まってしまいます。
そこで、画面をスクロールして別の場所に文字を書いていくわけですが、メモを
取っていく際に、注釈を付けたりしたくなる場合があります。


ノートにペンであれば、小さな文字で注釈を加えることができます。
iPadの場合、画面をちょっと拡大して、隙間に注釈を書き込みます。
この「画面をちょっと拡大」という操作が実にスマート。親指と人差指を使って
OKの「O」の字の状態で画面をタッチ、徐々に親指と人差し指の距離を離してい
くと、ムムムという感じに画面が拡大されます。
iPhoneを使っている方であれば、当たり前の操作なわけですが、この機能がiPad
を明らかに「紙とペン」の代わりとして「使えるツール」と成しているのです。


iPhone、iPadを目指せと開発されたアンドロイド携帯やアンドロイド・タブレッ
トPCですが、この親指と人差し指によるズーム(拡大)ができないのです。
ハードウェア的には可能なスペックを持っているようですが、マルチタッチの特
許をアップルが出願しているので、争いを避けるために、マルチタッチ機能は封
印されています。
「たかがズームでしょう?」とお思いかも知れませんが、メモを取りながら、
ちょっと注釈を書き加えたいと思った時、親指人差し指で、ちょいっとズームし
て、そのまま引き続きメモを書けるのと、ズームアイコンをクリックして、スラ
イドバーを動かして画面をズームして、ペンアイコンをクリックしてメモ書きを
再開するのと、どちらがスマートかお分かりですよね。
メモを取るのに、思考が中断されるような操作を強いるのが、現在のアンドロイ
ド携帯・タブレットPCなのです。


その他にも、現在のマルチタッチ機能が封印されたアンドロイド・タブレットPC
で不便なことがあります。
画面に表示されたキーボードをタッチして文字入力する場合です。
マルチタッチができないため、「Shift」+「○○」という2キー同時押し操作がで
きません。
一時的に大文字アルファベットや記号などを入力したい場合、非常に面倒なこと
になります。
また、ブラインドタッチの際には、瞬間的に2つ3つのキーがほぼ同時に押され
ていることがあります。
マルチタッチに対応したiPadならば、キーバッファにそれらの文字入力情報をき
ちんと拾ってくれるでしょうが、アンドロイド・タブレットPCでは、マルチタッ
チに対応していないので、打キー情報を取りこぼししそうな気がします。
普段使い慣れた物理的なキーボードと違う操作を強要される、それが現在のアン
ドロイド・タブレットPCなのです。


電子城に行けば、アンドロイド・タブレットPCは700元ぐらいで入手できます
が、まだ「安かろう悪かろう」というレベルです。とてもiPadの対抗馬と呼べる
シロモノではありません。
バッテリーの持続時間は2~3時間。マルチタッチ非対応。
アプリケーションは豊富にありますが、ツール(道具)として洗練されていない。
アンドロイドの現状は、メモ取るには「紙とペン」使ったほうがマシです。


iPadを越える機種が出てくるのはいつになるのでしょうか・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。