大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おやっ?なんでこんな所に・・・
市内での仕事を終え、桃園に戻ってくると、マンションの前になにやら見慣れた
車が駐まっている。
開発区と市内を往復する2元バスだ。

夜9時が最終バスで、その後は営業所やVIVO(海源電子城の対面)に駐めてあるの
を見たことはあるが、金州のしかも自分たちが住んでいるマンションの前に駐ま
っているのは初めて見た。

想像するに、マンションの住人が仕事を終えてマイカー代わりに乗ってきたのだ
ろう。明日は朝6時前に出勤のハズである。
日本でコレをやったら「公私混同だ!」と一発でクビになりそうな気がする。も
ちろん中国でも本来禁止された行為なのだろうが、こういう臨機応変というか、
テキトーさが許される中国、私は大好きである。
実際のところ、マンションの前の道は片側4車線+路側帯で、路側帯をバスがふ
さごうが、交通渋滞はありえない。朝になればいなくなるわけだし、誰の迷惑に
もならない。

そぅかぁ・・・、バスの運転手が同じマンションに住んでるのかぁ・・・
今度、市内から帰るときの最終バスで桃園まで乗せてってくれないかなぁ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。