大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また電子ブックリーダー買いました
台電 K8
http://www.teclast.com/zhuanti/k8/


タオバオで600元以下。
前に買ったK5よりも安かった。


K5があるのに、どうしてもう一台?


K5は5インチの画面。
青空文庫形式のテキストからPDFを作成して読む分には問題なし。
しかし、スキャンした漫画とか小説を読むには画面小さすぎ。
会社の同僚は「K5でも読めますよ」なんてこ憎たらしいことを言うが、私には無理。
K8は7インチの画面なので、ちょうど単行本ぐらいの画面サイズ。
重さも300g程度なので、片手で長時間持っても大丈夫。


カタログスペック上のバッテリーの持続時間はK5と同じ。
ところが、画面が大きくなった分、表示できる文字数が大幅に増えたわけで、K5
の時は30秒でバックライトが消えるように設定していたのだけれど、K8だと30秒
では1ページを読み終えない。
だから、バックライトはつけっぱなしに設定。30秒の上は常時点灯しか設定でき
ないから。
つけっぱなしにしておくと、バッテリー無くなるの早いので、3分で電源切るよ
うに設定。
それでも、実感としては、小説一冊でバッテリー4分の3消費する感じかな。
漫画なら何冊もいけちゃうのだろうけどね。


そんなわけで、K5はお外専用、K8はベッドでゴロ寝しながら使ってます。


あと便利なのは、youkuでダウンロードしたビデオをそのまま再生できること。
つまり、flv形式のビデオファイルをそのまま再生できるので、日本だったら
Youtubeやニコニコ動画のファイルを再生できますね。
中国の場合、動画サイトからダウンロードするのが簡単なので、flv形式のビ
デオをそのまま再生できるというのは非常に便利だったりします。
ビデオ再生でも4~5時間はバッテリーもちますので安心です。


私にとって電子ブックリーダーは今や欠かせない暇つぶしツールになりました。


(暇というわけではないのですが、中国は結構仕事で待ち時間多いので・・・)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。