大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Googleの中国語IMEがオスス メ
最近、事務所PCの中国語IMEの調子が悪い。
Microsoft Pinyinが全く使えなくなってしまった。
仕方が無いのでQuanPinを使っているのだが、メッセンジャーでエンターキーを
押すと「確定」&「送信」となってしまい、まだ文章が完成していないのに送信
してしまう。


事務所のスタッフはMicrosoft謹製のIMEはいっさい使っていなくて、得体の知れ
ないモノを使っている。
私は日本語IMEで可能な限り中国語を入力しておいて、どうしても日本の漢字に
ない文字だけ中国語IMEで入力する、という変態的な使い方をしている。
なぜならば、中国語の単語は正確にピンインを覚えていないので、正確にピンイ
ンを入力しないと変換候補を見せてくれない中国語IMEは使いづらいのだ。


そんな私でも、さすがに中国語IMEが壊れて「ni」と入力して変換キーを押して
も変換されないと困ってしまう。
Microsoft Pinyinを直すには、Windowsの再インストールが必要になりそうだ
(IMEだけのアンインストール/インストール操作では復活しなかったので)。
そういう時はググるしかない。
中国語IMEで検索したら、Google製のものがあるらしいことがわかった。
日本語IMEで評判の高いGoogleだから、期待できそう。
さっそくダウンロード&インストールしてみた。


おぉ、予測変換が強力。
二~三文字ぐらい入力したところで、どんどん変換候補を表示してくれる。
多少ピンインが怪しくても(wangじゃなくてwanでも)、使用頻度の高い単語か
ら表示してくれるので、中国語の文章入力が驚くほど快適だ。


皆さんもぜひお試しください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。