大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タオバオで時計を買った
タオバオ(http://www.taobao.com/)で時計を買った。


夜中にトイレで目が覚めた時、今何時だろう?と思い、枕元に腕時計を置いている。
見てくれはオシャレなアナログ時計なのだが、蛍光塗料などが塗ってあるわけで
もなく、見づらい。
私は携帯電話が大嫌いな人なので、枕元などには絶対置かない。
大連では夜中にワン切りやショートメッセージが最近よく届く。
迷惑電話・メールに限らず、夜中の電話は大抵ろくな用事ではない。だから電源
を切る。


という事情で、夜中でもボタンひとつ押すだけで時刻が確認できる時計が欲しく
なった。
とは言っても、大昔流行った、ボタンを押すとコンピューター音声で時を知らせ
るタイプではない。
アレはドキッとして目が覚めてしまう。ましてや、中国語で時間を読み上げられ
ると、しっかりと聞きとろうとして、完全に目が覚める。
やはりライト付きで時刻が表示されるやつがいい。
昔ながらの目覚まし時計はダメだ。家に一個あるが、あれはベルの音が大きすぎる。
デジタル表示で電池で動くこと。コンセントに差し込むタイプは停電の時、役に
立たない。


タオバオでいろいろ眺めていると、デジタル大型液晶表示でライト付きのオシャ
レなものがあった。
光センターが付いていて、暗がりでは常に弱いライトでうっすらと液晶数字が表
示される。
もちろん頭の大きなボタンを押せば通常の明るさでライトがついて、ハッキリと
数字が読める。
そうだ。コレだ!
もう、コレしかない!
値段は40元。送料込みで52元。


中国ではこの手の置き時計は自分で買うしかない。
友人知人からのプレゼントは有り得ないからだ。
なぜならば、置き時計・掛け時計は中国語では「鍾」(zhong)と言う。これは
「終」(zhong)と同じ発音であり、置き時計・掛け時計をプレゼントすること
は、「貴方はもう終わりですね」「人生の終わり」という意味になり、非常に失
礼かつ侮辱的な行為なのだ。中国では。


数年前、これを実践してしまった日本人の知人がいた。
董事長に直接置き時計を手渡してしまったので、警告する間も無かった。
通常なら、外国人ということで中国の習慣を知らないのも仕方ないと思われる
ケースだが、彼は中国語が上手だったのだから始末に終えない・・・。中国語が
話せるのに中国のもっとも基本的な習慣すら知らないとは・・・。董事長はその
場で怒りはしなかったが、ビジネスの話は流れてしまった。


では中国人へのプレゼントはいったい何が喜ばれるのだろうか。


日本であらかじめプレゼントを買うのであれば、化粧品(資生堂)が良いかと思う。
これはもちろん、董事長や総経理の奥様へのプレゼントである。
日本でもそうだが、地位のある方は普段仕事で忙しく、奥様へのケアは不十分だ。
だから、奥様へのプレゼントは非常に効果がある。
「将を射んと欲すればまず馬を射よ」である。
日本製の化粧品(間違いなくホンモノであり、安心の品質)、それも中国でもっ
とも人気のある「資生堂」となれば、奥様とそのご主人へ大いにメンツが立つ。
董事長や総経理へは日本の空港でタバコなり洋酒なりを買っておけば十分だろう。
たとえ、タバコもお酒もやらない方でも、別の知人へのプレゼントとして転用で
きるので有意義だ。


では、相手がIT系企業のオーナーで独身、酒もタバコもやらない方だったらどう
するか。


多少値が張るが、ネットPCなどはどうだろう。
中国ではもちろんネットPCはたくさん売られている。ネットPCの大手ブランドは
台湾企業だから。
しかし、ここでも重要なのは「日本で買った最新の製品」ということだ。
SonyのVAIOポケット(やたら小さいネットPC)ならば、たとえMade in Chinaでも
OKだ。
日本で買った証明(日本語表示の箱、日本語取扱説明書)があれば良いのだ。
日本の最新ハイテク製品、それも普段持って歩けるような小さなもの、というの
は我々日本人にとってのブランド・アクセサリーのようなものだ。
中国ではあまりにもブランド製品のニセモノが横行しているので、たとえホンモ
ノを持っていたとしても、誰にも信じてもらえない。
しかし、日本製の最新ハイテク製品であれば別物だ。
さすがにニセモノでわざわざ日本語でシルク印刷まではしない。最新型ならなお
さらだ。


中国で地位のある方々は例外なくお金持ちである。
だから、現金の賄賂は効かない。(中途半端な金額では)
モノ(製品)のほうが喜ばれる。(それほど高額でもないし)
賄賂で車をプレゼントするような国なのだ。
まともに張り合っていたらお金がいくらあっても足りない。
こちらも知恵を使わないと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。