大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンバークが食べたくなったので 作ってみた
GW、いかがお過ごしですか?
妻や子供は里帰り中。今年のGWは中国では三日間だけ。
仕事の都合で一緒に里帰りできない私は一人でお留守番。


ネットでケロロ軍曹を見ていたら、急にハンバーグが食べたくなった。
そういえば、ハンバーグは日式のレストラン以外では食べたことなかった。
中国ではハンバーガーは食べるようになったが、ハンバーグを食べている人を見
たことはない。


さっそく市場へ買出しに行く。
行きつけの美容室でカットをしてもらった後(8元に値上がりしていた)、市場
の外れにある肉屋さんに行く。
頼み方はこうだ。
「餃子を作るので、牛肉と豚肉を半斤ずつください」
あと「碎一下」(スイイーシャ)
最後の一言でひき肉にしてくれる。まぁ、その前に「餃子」と言っているので、
相手もわかっている。
店主のおじさんは労働節で暇らしく、


おじさん:「韓国では肉とか高いんだろう?」
私:「いや、私、韓国人じゃないし・・・」
おじさん:「どこの国だ?」
私:「日本人だよ」
おじさん:「そうか、俺には日本に行ったことのある友達がいるが、日本では肉
高いそうだな。」


などと話しかけてくる。
こちらも暇なんで付き合っていると、気づいたら15分も話していた。
別の客が来たので、「じゃ、私他にも買い物あるから」と行って店を出ようとす
ると、「また今度話そうな」とおじさん。
まぁ、金州のような田舎では外国人と話す機会なんて無いだろうから珍しいのか
も知れないなぁ・・・。


市場では、たまねぎ、トマト、キュウリ、キャベツを買う。
あとはスーパーで米を5kg買う。


まずは最初に米をといで炊飯器をセットする。新しい炊飯器は調子が良い。
たまねぎをみじん切りにして、ひき肉と一緒にこねくり回す。
軽く塩コショウして、どうもまだ肉との絡まり具合がよろしくないので、つなぎ
として卵を二個入れる。
ハンバーグの下準備と洗い物をしていると、もう米が炊けた。早いなぁ。


フライパンを温め、油をひく。
肉をなんとなく丸い形に整えて、フライパンの中に次々と並べる。
ひき肉は保存しにくいので、全部ハンバーグにして焼くことにする。
蓋をしてしばらく待つ。


肉をひっくり返して更に焼く。
その間に、キャベツ、キュウリ、トマトでサラダを作る。
ドレッシング作るのは面倒なので、マヨネーズで済ます。
いい感じの焦げ具合が出たところでお皿に移す。


次にタレを作る。
ドミグラスソースなんてシャレたものは、近所のスーパーには売ってないから、
手元にある調味料で適当に作る。
生姜をすりつぶして、醤油と料理酒を加え、先程ハンバーグを焼いた肉汁を混ぜ
て熱する。
まぁ、要するに生姜焼きのタレ。
最後に先程のハンバーグにタレをかけて完成。


さっそく食べてみる。
うーん、やはりお店で出てくるようなおいしさには程遠い・・・。
次回はたまねぎの量を減らそう。
タレもホールトマト買ってきて、ドミグラスソースをちゃんと作ろう。


日本はお手軽な洋食調味料関係が充実しているので、割と簡単に料理ができると
思う。
中国は中華料理用の調味料は恐ろしく充実しているが、洋食はそうではないの
で、基本的な調味料だけを駆使して最初から作っていかなければならない。そう
いう意味では料理の腕は上達するかも知れない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。