大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PC復旧作業しながら立て続けに映画を3本観る
PCの復旧作業というのは結構待ち時間も多い。
ただ、基本的にダイアログボックスが表示されたら「はい」「いいえ」などクリックしないと次へ進まないので、パソコンの前を離れるわけにはいかない。
とりあえずWindows7がインストールされたら、メディアプレイヤーでDVDが見られるので、週末に買い込んだDVDを観ることにした。


まずは、マイケルジャクソンの「This is it」。
リハーサル風景を編集した映画。「へ~、あんな感じでリハーサルしてるんだ・・・」業界人ならいろいろ参考になる映画。

デジタル・ハンディカムで撮影した映像を、いかにして映画に仕立て上げるか、という点でも参考になる。
やっぱハリウッドはこういうの上手だねぇ。
一時間半観たところで飽きちゃったので、続きはまた今度時間あるときに・・・。DVDあると自分の都合でいつでも観られるから楽。


次に観たのは「サブウェイ123」。
去年話題になった映画。観ようと思っていたが結局観られなかったので、DVD購入。
うん、まー楽しめたかな。

これも映像編集の参考になる。どうしたらハリウッド風の映像になるか、良いお手本。
「24」とか「沈黙の~~」なんかがそうなんだけど、映画の中に出てくるPC画面の文字や図が大きくて実に見やすい(笑)。
実際の列車運行管理画面はあんなにわかりやすくないと思うぞ。
まぁ、そこは映画だから、わざと演出してるのだけれど、あの画面作るデザイナーもすごいなぁ。何使って作ってるんだろうなぁ。


土曜日の締めくくりに観たのは「あなたは私のムコになる」。

映画の解説が面白そうな内容だったので、買ってみた。
これも去年の作品。楽しくなきゃ映画じゃない、というマイポリシーから、コメディは意識して観るようにしている。
主人公を演ずるサンドラ・ブロックが実にキレイに撮れてる。はっきりとわかるようなトリミングはしてない。
アラフォー女性をいかに魅力的に撮影するか参考になる作品。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。