大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更にPDFで苦戦・・・
「この図を使って欲しい」と渡されたのはチラシをスキャンしたPDFだった。


元のチラシが古いせいもあって、かなり見た目が厳しい素材である。
業界では割と有名な会社のチラシだったのでホームページを見てみたら、チラシ
のオリジナルPDFがあった。


「やった!」


さっそくIllustratorで読み込み、PDFを編集しようとしたところ・・・
プロテクトがかかっていて、ファイルが開けない。


製品カタログなんかにファイルプロテクトかけるなよな~!


プロテクトのかかっていない資料はないかとネットを探し回った。
プロテクトを解除するソフトもネットで探した。
いろいろなソフトを試してみたが、2時間後、以下のソフトでプロテクトの解除
に成功。


iTextFront
http://www.ujihara.jp/iTextFront/ja/


このソフトでPDFを読み込み、別名で保存しただけ。


無事、Illustratorで開けるようになり、プレゼン用の資料は完成。


このお客様はプレゼン用のファイルをそのまま別のお客様へ渡してしまうことが
多いので、資料は完璧に作る必要があった。スキャンしたボケボケの画像ファイ
ルではNGだということだ。
プレゼンテーションは見た目のイメージが命。


中国で仕事をしていると、こういう普通の人には理解しにくいテクニックばかり
身につく。
ボケボケの画像のままでプレゼン資料を作ったら当然クレームになるが、裏でこ
ういう苦労をして作ったキレイな資料は「当たり前」として評価されない。
職人の技というものはそういうものである。
見た目が当たり前過ぎて、いかにそれがスゴイことなのか作った本人以外、誰も
わからないのだ。


今回はiTextFrontという素晴らしいソフトに巡り会えたので問題を乗
り越えられた。
もし、このソフトに出会えなかったら、Adobe Readerの画面を400%に拡大表示し
て、プリントスクリーンで画面キャプチャして対応するつもりだった。


仕事は結果がすべてである。
そのお客様はそれなりにパソコンを使える人なのだが、その人でも対応できない
件をなんとかするからこそ仕事になっている。


忘れた頃に、またPDFを編集する仕事が来ると思うので、今回知り得たテクニッ
クは書き留めておこうと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。