大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野菜や果物、変化する中国
妻の友人がサトウキビを持ってきてくれた。


残念ながら私は日本にいる時、サトウキビを食べたという記憶がない。
ウチの両親はたぶん「ちゃんと食べさせてあげた」と言うに違いない。


中国へ来て、去年だっただろうか、妻がサトウキビを買ってきて、「食べる?」
と訊かれて食べたのが始めてかも知れない。
中国には、私がまだまだ食べたことがない野菜や果物がある。
今の日本では、「サトウキビ」というものは、文字や単語としてのみ触れること
ができて、たまたまテレビで見ることができればラッキー、という感じではない
だろうか。
もちろん南の地域(たとえば沖縄とか)の子供たちならば「サトウキビ?うん、
いつも食べてるよ」と答えるに違いない。


私の家は農家ではないし、近くではサトウキビを作っている農家も無かったの
で、サトウキビは食べた記憶がない。


中国はやはり農業王国であり、身近に農産物があふれている。
息子はマンゴーとバナナが大のお気に入りである。
バナナは中国でも安い。しかし、マンゴーは日本では比較的高級な果物だ。
中国ではマンゴーは安い。毎日でも食べられる。
私は中国に来てから桃が大好物になった。
日本では見たことのない種がある。扁平につぶれた出来損ないの桃。
最初からつぶれている種で、実がしっかり詰まっていて美味しい。
キウイやライチーのように、見た目はちょっとアレだが、食べてみると非常に美
味しいというパターン。


こういう環境で子供を育てられるということは日本にはないメリットである。
少なくとも中国の子供たちは、サトウキビやマンゴーがどんなものであるかを
知っているし、どんな味がするかも知っている。
日本のコンビニにはさまざまな美味しいお菓子が並んでいる。
中国のコンビニはそうはいかない。美味しいものを見つけ出すこと自体が大変な
のだ。
だが、中国には今の日本にはないものがたくさんある。
たまに日本を絶賛する中国人がいるけれど、中国には日本が失ってしまったもの
がたくさんあるよ。私は団塊の世代の子供だから、日本が失ってしまったものを
中途半端に知っていたりする。
だから、中国に来ると懐かしさを感じることができる。


とは言うものの、中国もどんどん新しく変化している。
古いものがどんどん失われているのも事実だ。
私の親の世代が、高度経済成長で変わっていく日本を見てきたように、私はこの
変化していく中国を見守っていきたいと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。