大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCを買った
先週の金曜日、新しいPCを買った。
臨時の仕事のギャラが手に入ったので、メモリ不足の問題を根本的に解決すべく
購入した次第である。
CPUはインテルのE5200。メモリは4GB。CPUスペックだけでも現在のPCの2倍の
処理能力である。
しかし、まだ部屋の隅に置いてある。


現在進行中の仕事は毎週納期があるのだが、週末はとにかく忙しい。
だから時間のかかるPCのセッティングなんてやってられない。
CDセットして放っておけばいいじゃん、と思われるかも知れないが、ウチには
ディスプレイは一つしかない。
キーボードやマウスは予備があるが、ディスプレイだけは予備が無いのだ。
じゃあ買えばいいじゃん、となるが、PC本体に予算をすべてつぎ込んだので、余
分なディスプレイを買う資金はナシ。


まぁ、仮にディスプレイがあったとしても、実際CDをセットして終わり、という
単純な作業ではない。


今回購入したPCはメモリは4GB積んでいるが、従来のXPをインストールしたので
はメモリは3GBしか使えない。1GBはRAMディスクにでもして使うしかない。こ
れではPID(Photoshop、Illustrator、Dreamweaver)の三位一体によるWebデザ
イン環境は快適に動作しない。(かも知れない)
3GB以上のメモリを使うには、PC自体が対応していることはもちろんだが、OSも
64ビット仕様のものに変える必要がある。
となると、OSの選択肢は限られてくる。
64ビット対応のXP、Vista、Windows7。この3つのいずれかだ。


私の希望としては、一番動作の軽いと思われるXP x64をインストールしたい。
だが、中国ではこの64ビット版XPを入手するのは意外と難しい。
あちこち探し回ってやっと入手できたのは英語版のXP x64だった。
ネットを調べてみると、とりあえず、日本語アプリは動くらしい。メニュー表示
は英語になるようだが・・・。


主要アプリの64ビット対応状況も気になるところである。
OSはインストールできてもアプリが動かないのでは意味がない。
特に心配なのはセキュリティ関係のアプリ。さすがに64ビットには対応している
とは思うのだが。


XP x64の次に候補に挙がっているのが、Windows7。もちろんRC版である。
こちらはXP x64以上に人柱的要素が大きい。
現在日常的に使用しているアプリはもとより、小さなツール類が動作するのかど
うか非常に心配だ。
おそらくVirtual Dimension(仮想デスクトップ)は動作しないような気がする。
これが使えないとすると、結構つらい。マイクロソフト純正の仮想デスクトップ
プログラムを使うしかないのだろうか・・・。


このようにOSだけの問題ではなく、快適に仕事をするためには、アプリケーショ
ンやそれを補佐するツール類の細かいプログラムをインストールし設定しなけれ
ばならない。
下手すると、この作業には丸一日以上かかる。
その間、ホームページ作成の仕事を停めるわけにはいかない。


とりあえず明日、OSだけでもインストールしてみようと思う。
作業の効率化は急務でもあるのだ。


20年前のPCは気楽だった。
メモリ640KBでやりくりしてた。
それが今じゃ3GBの限界とかで大騒ぎしている。


世の中、進歩したものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。