大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メモリが足りない・・・
毎日、朝から深夜までホームページ(のようなもの)を作っているわけだが、PC
の性能の限界を感じることが多くなってきた。


ホームページ制作には、最低3つのアプリケーションを使う必要がある。
Photoshop、Illustrator、そして、Dreamweaver だ。


PhotoshopとDreamweaverは解るとしてもIllustratorはホームページ制作に何で
使うのか?
アイコン素材の読み取りや写真素材加工に使うのだ。
写真加工ならPhotoshopでしょうに?というのが一般的な意見だが、Illustrator
には写真を減色してイラスト化する機能がある。色数が一つなら、シルエットに
なるし、6色や16色なら、ちょっとオシャレなイラストを作ることができる。


そんなわけで3つのソフトを同時に立ち上げて、素材を加工しながら、各ソフト
間でデータを切り貼りしてホームページを作っていくのだが、最近メモリ不足に
悩まされている。
PCには仕様限界の2GBのメモリを搭載しているのだ。
最近の一般的な価格帯のPCでは4GBが積めるらしいが、実際にメモリとして使え
るのは3GBまでである。
これは32ビットCPUとWindowsの限界によるものだ。


最近のPCを買おうかと考えてみた。
だが、たかだか1GB増えたぐらいでは心許ない。どうせまたすぐメモリが足りな
くなるに決まっている。
そうなると、いよいよハイエンドPC、すなわち64ビットCPU搭載のパソコンと
なるのだが、Dellの通販でも10万円以上。中国で生計を立てている身にとって10
万円というのは、なかなか手の届きにくい高額なのだ。


年末のWindows7の登場に合わせて、PCもこれからどんどん64ビットにシフトし
ていくだろうことを期待して、しばらくは我慢して使い続けるしかない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。