大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはりバスのネタ・・・
ブログの更新が滞っているのは承知しているのだが、連日、仕事に追いまくられ
て、家に帰ってくると更新するのを忘れてしまう。
ネタが無いわけではなくて、移動中に「あっ、これはブログに書こうかな」と思
いつくことがよくある。
でも満員バスの中ではメモを取り出して書くわけにもいかず、そのまま忘れてし
まうことが多い。


昨日の安盛のバス乗り場での出来事。
止まっているバスに乗り込むと服務員たちがポーカー(もちろん中国式)をして
いた。
マイクロバスの運転席の右側は、エンジンルームのカバーがついていて、背の低
い机みたいな感じになっている。それがテーブル代わりだ。
バスには他に乗客が7名ぐらい乗っているのだが、服務員たちはお構いなし。
日本でコレやったら新聞ネタになるところだが、開発区ではよく見る光景である。


もちろん開発区の公営バスでは、基本的にワンマンなので、こういうことは無
い。民営のバスは2~3名の服務員が乗車しているので、待ち時間にちょっと遊
ぼうか、ということになる。


さて、乗客も増えてきたので、仕事するか、よっこらしょ、とそれぞれ持ち場へ
つく。
エンジン始動。
車内に中華風流行のダンスミュージックが鳴り響く。
会話するのにも苦労する程の大音量。サブウーファー・スピーカーが近くにあっ
て、重低音が体を揺さぶる。
体調の悪いときには、これだけで気分が悪くなる代物。
これだけで、およそ快適なサービスとはかけ離れた乗り物だということがわかっ
ていただけると思うが、金州行きのタクシーはなかなか来ないので、このような
バスを利用せざるを得ない。


バスのBGMは聴きたくないので、ウォークマンを取り出し自分の好きな音楽を聴く。
やっとバスが動き出した。
だが、バス停付近をのろのろと徐行する。まだ乗客を乗せようとする。
6時半にはバスに乗り込んだのだが、出発は7時を回っていた。
妻からは「何時に帰ってくるの?」コールがかかってきているのだが、「知ら
ん。バスに訊いてくれ」と答えるしかない。


安盛を出発して家への到着は15分後。
タクシーなら10分とかからない距離。


まぁ、仕方ない、とあきらめる。
中国で生活するようになると「あきらめが肝心」という言葉の意味を本当に理解
できる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。