大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に来たな・・・
仕事を終えて戻ってくると、マンション下の広場で妻と息子が遊んでいた。


開口一番、妻が「停水」と言う。


久々に来たな・・・


水が止まるということは料理ができないということ。
今夜は外食に決定。


私たちと同じ考えの住人は多く、店は賑わっていた。
いつもは妻が定菜(注文を決める)していたのだが、今日はなんとなく私が決めた。
何度か来ている店なのだが、もう鍋は飽きたので、イカの鉄板焼きと羊肉串を注文。
妻はナスの炒め物を注文した。


羊肉串とくればビールである。
店員がどのビールにしますか?と訊いてくる。
「労山」
無いとの回答。仕方ないので青島にした。
ダメもとで更に「涼的」と言ってみる。
「没有」との答え。
まぁ、金州の田舎町だから冷えたビールが無いのは仕方ない。


来た料理をさっそくいただく。
おっ、結構うまいじゃん。
珍しく注文した料理が当たりだ。


中国での生活で幸せを感じる瞬間だ。
うまい料理とビール。
妻と子供がそばにいる。
ご近所さんも食事をしていた。
妻がどこそこのマンションは4000元/平方メートルだったとか話をしている。


こうして三人で外食をしていると、妙な話だが、自分も父親になったのだなぁ、
という実感がわく。
かつての自分は両親に連れて行かれる側だったのだが、それはつい昨日のことの
ように思える。
今では自分が息子を連れて行く側になったから、それで自分は父親になったのだ
と気づかされる。


そうは言っても、自分自身は子供の時と変わっていない気がする。
相変わらず後先考えず行動をするし、結果、失敗もしている。
こんな私が父親やっていけるのだろうか、と不安に思うことがある。


今度、機会があったら自分の親に訊いてみたい。
お父さんお母さんが、今の私と同じ年齢の時、どう思っていましたか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。