大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファイアウォールソフトを変えました
軽くて早いということで、Kerio Personal Firewall 2.1.5を使ってきました
が、特定のアプリケーションを起動させると、エラーメッセージが毎回表示され
て、うざいので、乗り換えることに決定。


ネットで調べたところ、どうもKerio Personal Firewall 4が良さげ。
別会社に買収される前の最終バージョンの一つ手前、が一番良いらしい。
で、さっそくインストール。
Windowsを再起動するように、の指示が出て、再起動。
うわっ、起動画面で固まっているし・・・。


何度起動しても、Windowsの起動ロゴマークは表示されない。
黒い画面のまま。
やっちまったかなぁ・・・、またWindows再インストールか・・・?


セーフモードで起動してみた。
おっ、ちゃんと起動した。
こんなやばいソフトなんかいらない。アンインストールだっ。
プログラムの削除でアンインストール。
再起動。


今度はWindows起動ロゴマークが表示された。
が、しかし、続いて、Kerio Personal Firewall 4のロゴマークも表示され
た・・・。


アンインストールされてないじゃん・・・


どうも、こいつ、インストール/アンインストールプログラムに問題があるようだ。


ウイルスに感染しているわけではないらしい。Aviraで検索かけても何の反応も
無し。
とにかく、こういうやっかいなソフトは完全にアンインストールするに限る。
もう一度、アンインストール操作を実行。
Kerio Personal Firewallのサービスを停止できない、とか表示されている。
まともにアンインストールもできないなんて、たちの悪いウイルスと一緒だ。
管理ツールからサービスプログラムの一覧を表示させて、Kerio Personal
Firewallのサービスを強制停止させる。
その後、Program Filesフォルダの中からKerio Personal Firewallのフォルダを
探す。あった。
フォルダごと削除。
これでもレジストリにまだKerioの残骸が残っているから、Ccleanerでレジスト
リをお掃除する。
ここまでやれば、Kerioは完全にアンインストールされたはず。
Windowsを再起動してみる。
異常なく起動した。
Kerio起動画面は表示されなくなった。


Nortonが売れる理由がわかったような気がする。
素人には無理だ。Kerioは。


さて、Kerio4がダメなら、次はどうするか。
またネットで調べてみる。
Comodoが最強、と書いてあるな。
なんか日本の携帯電話サービス会社をひっくり返したような名前だな・・・
ComodoのFirewallをダウンロードしようとネットを探し回ったのだが、現在
Firewall単体では配布されていない。
Nortonのように総合セキュリティソフト(ウイルス駆除+ファイアウォール)に
なってしまったらしい。
仕方がないので、まぁ、Aviraをアンインストールする覚悟で、それをダウン
ロードした。


インストールの画面でインストールする機能を選択できることが判明。
当然、ファイアウォール機能だけをインストールすることにする。
最新のソフトだけあって、デザインも洗練されている。
アプリケーションがネットにアクセスしようとすると、どうしますか?と聞いて
くるのは他のファイアウォールソフトと変わりない。
しばらく使っていると、そのうち、毎回「モードを切り替えますか?」という画
面が表示されるようになった。
別の今のままで良いので、その都度、キャンセルしていたのだが、Comodoは許し
てくれない。
しかたなくモード切替に同意。そうしたらいちいち聞いてこなくなった。


だが、これがクセもの。
Comodoをインストールしてから明らかに初めてのアプリケーションを起動して
も、Comodoはどうするか聞いてこなくなった。勝手に判断して通信を許可してい
るらしい。(自動学習モードとかいうやつ?)
お前、それじゃ、ファイアーウォールの意味無いだろ!
仕方ないので、元の聞いてくるモードに戻す。
が、しばらく使っていると、またモード切替を要求してくる。
ダメだこいつ・・・


おそらく、どこかの設定画面でモード変更要求を出さないようにできるのだろう
と思われるが、それをやろうと思わなかったのはComodoを入れてから明らかに
ネットの通信速度が落ちた、と体感できたからだ。
重たいファイアウォールには用がない。


Comodoはお引き取り願い、次のファイアウォールを探す。
GoldTach3というファイアウォールが評価高かった。
さっそくダウンロードしてインストール。
が、ダウンロードした実行ファイルを実行中にAviraがウイルス警告表示。
おいおい、メーカーのホームページからダウンロードしたファイルだぞ。
別のサイトからダウンロードしたファイルでも試してみた。
やはりウイルスが入っている。
仕方ないので、あきらめた。


中国企業のファイアウォールFilseclab Personal Firewallを試してみた。
紫色の画面の格好良いファイアウォールだ。
いつの間にかバージョンアップしていた。
4~5年前も使っていたことがあった。
あのときは何で使うの止めたんだっけ・・・


新しい通信ルールをFilseclabに覚えさせていく。
eMuleを起動してから問題が起きた。
Filseclabが次々に起こる接続を処理しきれなくなって固まった。
そうか、これだったんだ。Filseclabを止めた理由は・・・
要するにタスクが増えすぎると処理しきれなくなって落ちるのだ。
ファイアウォールとしては致命的・・・。外部からDOS攻撃したら落ちる可能性大。


なかなか好看なファイアウォールで個人的には気に入っていだけに残念。
さて、いよいよ困った。
Kerioより古いがSygate Personal Firewallをインストール。
画面は起動中のアプリケーションのアイコンが表示されているのでわかりやすい。
通信ルールを設定してからは「どうしますか?」と訊かれることもなくなり普通
に使えている。
古いソフトだけに、たぶん、今後問題が出てくる可能性は否定できないが、とり
あえず、今までの中では一番まともなので、しばらく使い続けてみるつもり。


ファイアウォールで大切なことは、不要な接続を受け付けないことと、アプリ
ケーションが勝手に通信をしないように食い止めることだ。
WindowsXP標準のファイアウォールは、受信側だけのファイアウォールであり、
送信に対しては全く考慮されていない。これではアプリケーションが裏でどんな
情報を送っているかわかったものではない。
だが、通信をして初めて役に立つアプリケーションでは、通信そのものを全部停
めてしまうようなわけにもいかない。
だから、ある条件の時は通信を遮断して、それ以外は許可する、というような細
かい通信のルールを設定できるファイアウォールでないと困るのである。
そういう機能を持つファイアウォールで、フリーウェアで設定がカンタンで軽く
て動作が安定しているもの、というのは非常に限られてくる。
だから、今回のように片っ端からいろいろなファイアウォールを試してみた次第だ。


他にも何かお薦めのファイアウォールソフトがありましたら、教えてください。
試してみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。