大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外在住者はmixiの新規入会
今、mixiの仲間の間で問題になってきているのがコレ。

mixiは新規入会時、携帯電話のメールを使って認証することが必須になっている。
大連長期駐在者は放っておいても毎月費用を引き落とされる日本の携帯はちゃん
と契約を解除してからこちらへやってきている。
だからmixiに新規入会できない。

そもそもmixiがこういう理不尽な仕様に変更した原因は出会い系や情報ビジネス
の業者による悪徳な勧誘行為が多いからである。彼らは大量に獲得したmixiのア
カウントを使って営業をかける。mixiアカウントはフリーメールアドレスを利用
して獲得していた。それを規制するためのに携帯電話による認証へ切り替わった
わけだ。

認証では携帯電話一台ごとに設定されている固有番号を利用する。
だが、業者は携帯電話を改造するだけの技術を持っている。固有番号を必要に応
じて換えることは彼らにとっては何の造作もないことであろう。
業者による不正利用はいたちごっこであり、後には新規入会の機会を奪われた海
外の日本人や外国人が残された。(日本最大のSNS(ソーシャル・ネットワー
ク・サービス)「mixi」に興味を持ってくれている外国人は多い)

たかが一つのSNS、であるが、その影響力は多大だ。
多大だからこそ悪徳業者も集まってくる。

「貴方は日本の携帯を持っていないから入会できません」というのでは鎖国と同
じである。インターネットはインターナショナルなコミュニケーション・サービ
スである。外国からのリクエストを排除するような、そんな鎖国まがいなことを
やっていてどうする。
言葉は壁はいたしかたない。それはやってくる人たちが解決すべき問題である。
だが、外国からの新規参入を全面的に拒否するのはどう見ても間違っている。
入国の機会すら与えられないのであれば、鎖国と言われても仕方がないのではな
いだろうか。

mixi内の海外コミュニティーではこの問題が討議されているようだ。
問題が一日も早く解決されることを望むばかりである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。