大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんとも言えない絶望感に襲われた・・・
お客様と食事の後、金州へ戻ってきた。
時刻は夜の9時半。


マンションの一階扉を開けて通路を歩く。
やっと家に戻ってきた、という開放感。
エレベータに乗れば、そこはもう家みたいなもの。


だが、次の瞬間、私はなんとも言えない絶望感に襲われた・・・


エレベータのボタンが無い・・・


ボタンはパネルごと無くなっていた。


一日のハードな仕事を終えて、マンションにたどり着き、「さぁ、後はエレベー
タに乗るだけ」という時にエレベータに乗れない、という絶望感・・・。
エレベータなんて「門」みたいなもの。まさか、最後の最後に家へ入れないなん
て・・・。


嫌、入れないわけじゃない。14階まで階段を上れば済むことだ。


よく見ると張り紙がしてあった。


「ただ今、修理中。エレベータは2階から乗れます。」


あぁ、そうか。2階まで行けばボタンがあるんだった・・・。


当たり前のことを指摘されて、妙に感動してしまった。
疲れている証拠である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。