大連開発区生活
大連経済開発区に住んでいる筆者の生活模様を特異な視点でご紹介。 大連のありのままの姿を知っていただければ幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ニュース記事コメント】中国PHSサービス終了へ
中国PHSサービス終了へ
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITbp9


上の記事によると、中国のPHS(小霊通)が2011年末でサービスを終了するらしい。
小霊通は通話料が普通の携帯電話の半分。普通に使っている分には一ヶ月あたり
50元の通話料で十分事足りる。庶民の中国人にとって、50元というのは日本の
5000円ぐらいの感覚。
私の周りの友達も携帯電話の他に小霊通を持っていて、接電話話は普通の携帯電
話、打電話は小霊通と使い分けている。


ウチでは妻が小霊通を使っているのだが、安く通話できれば何でも良いらしい。
だから中国網通が3G(第三世代)に移行するのであれば、ぜひ通話料は小霊通と
同じにしてもらいたいものだ。
また、3G移行をスムーズにするためにも、小霊通契約者には優待で3G携帯を販売
して欲しい。
2011年まで私たちは小霊通を使い続けるつもり。今年あたり機種変更(新しい機
種購入)してもいいかも。


かつて私は日本にいるときNTT PersonalのPHSを使っていた。DoCoMoに統合され
てから、しばらくして新規契約の受付が終了。その後、ムーバに乗り換えた。
DoCoMoのPHSの終了を経験し、今度は中国で小霊通の終了を経験することになる。


個人的にはPHS大好きなんだけどね。通話料安くて音質が良いから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。